嵐の前の静けさ

アグン山噴火のニュースが、先週辺りから要注目のニュースとして報道されていたのは、このアグン山は、ピーク時の避難者が40万人にも上り、死者を322人出した2010年のムラピ(メラピ)山の噴火よりも巨大な噴火が想定されているからです。

噴煙は10㎞を軽く超える成層圏噴火であり、火砕流によって多くの死者を出しました。

2010年、140年で最悪の噴火を起こしたムラピ山ですが、火山爆発指数は「VEI.4」でした。

今回、懸念されているアグン山の火山爆発指数は「VEI.5」以上です。

ムラピ山よりも、大きな噴火が予想されているのです。

火山爆発指数「VEI.5」とは、実感が中々わきませんが、日本では、1707年に巨大噴火を起こした富士山の宝永大噴火と同規模であり、新井白石が昼でも明かりを灯さなければならないほど暗くなったと残している噴火です。

1980年、死者・行方不明者「57人」を出し、山体崩壊したアメリカのセント・へレンズ山の噴火と同規模です。

The catastrophic first minute USGS


セント・へレンズ山

セント・へレンズ山も「VEI.5」であり、山体崩壊後に巨大な火砕流が発生しています。

アグン山は、これと同規模の噴火が想定されているのです。

セント・へレンズ山以外で有名な同規模の噴火とは、紀元79年に起こったヴェスビオ火山の噴火です。

わずか一昼夜で古代ローマ帝国の都市・ポンペイを火砕流で焼き尽くし、土石流でヘルクラネウムを埋没させた大噴火です。

何度も映画になっています。

アグン山の大規模噴火は、このヴェスビオ火山の噴火と同規模の噴火が懸念されているため注目されているのです。

映像で見た方が分かりやすいかもしれない。

これがヴェスビオ火山の噴火です。

VEI.5」の噴火です。

噴煙の中から「火山雷(かざんらい)」が迸っています。

これを見ますと現在、噴火しているアグン山の噴火は、小規模な噴火であることが分かります。

今、我々が見ているアグン山の噴火は、まだまだ小規模噴火といっていいようです。

場合によっては年末にかけて終末の様相を呈しているかもしれません。

来年は、米朝戦争が開戦するかもしれず、天災も徐々に起こってくれば、後は当ブログの真理が本格的に日本以外で開始されることになる。

神約民主論」国家実現を通した大宇宙の絶対的権威の確立ですね。

地球全地を救う唯一の道です。

これで三千世界が、ゼウス神を通して変わります。

ゼウス神のおられるところが、全世界の中心となるのです。

大川さんにしろ、当ブログにしろ、神道はただひたすら閉じ込めているだけの犯罪者に過ぎませんから、まぁ、ずっとやっていればいい。
利用しようとしているのですね。

できもしないのにね。

神約民主論」国家を実現した国家と文明が今後、1000年の世界盟主となる。

米朝開戦となりますと、神道はその外圧で今までのように遊んでいられなくなるでしょう。

神道は、ただ米朝戦争をアメリカが起こさないことを祈ることですね。

既に他の諸神霊は、あの従軍慰安婦はなかったとあの世で嘘を吹聴している谷口以下、神道系は全く相手にしていません。

というか激怒しています。

神道系は大変でしょうね。

アグン山の大規模噴火が耳目を集めている影で、あのアイスランドのエーライヴァヨークトル山が懸念されています。

ちなみにこの山はややこしい名前ですが、「エーライ」と「イヴァ」で、「偉い」と「威張る」で高橋信次系で覚えています。

エーライヴァヨークトルです。

この色が一つだけ薄く変わっているマークが、アイスランドのエーライヴァヨークトル山の位置です。

ガーディアンです。

Terrawatch: the reawakening of Öræfajökull ガーディアン

再びエーライヴァヨークトルが覚醒、という記事です。

世界がアグン山を見守っている間に、数千キロメートル離れた別の火山が震えており、地質学者達は、いらだちを感じ始めているという内容です。

不安を感じ始めていると言ってもいい。

記事の内容は大したことは言っておりませんが、3人の死者を出した1727年の噴火は小規模噴火だった。

ほんとに恐ろしい噴火は、1362年に起きたとあります。

火山周辺の豊かな農地は喪失し、灰は西ヨーロッパにまで降り注いだ。

このエーライヴァヨークトル火山が、懸念されています。

チェックされているということです。

どこでも善人が残り、悪人が滅ぶということです。

結局は、超地殻変動によってしか地球は浄化されないのかもしれません。

悪魔の跳梁跋扈もありますからね。

しかしてこれは諸神霊が実行することですので、我々地上人間の方は、信仰と悟りを極める、ただこれあるのみ、ということです。

関連記事

  1. 世界リスク報告書 2018年版

  2. 水の黙示録 2

  3. ガンマ線バースト(GRB)

  4. ネパール地震死者1341人とロイター通信

  5. 箱根山が噴火するかもしれませんね

  6. サンタアナ・ウィンド

  7. 洪水だらけ

  8. 野生動物の大量虐殺

コメント

  1. I am not sure where you’re getting your information, but great
    topic. I needs to spend some time learning much more
    or understanding more. Thanks for wonderful information I was looking for this information for my mission.

  2. My spouse and I absolutely love your blog and find a lot
    of your post’s to be precisely what I’m looking for. Does one offer guest writers to write content
    available for you? I wouldn’t mind producing a
    post or elaborating on many of the subjects you write with regards
    to here. Again, awesome web site!

    • g
    • 2019年 5月 11日

    Good post. I will be experiencing some of these issues as well..

    • g
    • 2019年 5月 11日

    It’s appropriate time to make some plans for the future and it’s time to be happy.
    I’ve read this post and if I could I desire to suggest you some interesting things or advice.
    Perhaps you could write next articles referring to this article.
    I desire to read more things about it!

    • g
    • 2019年 5月 13日

    Excellent way of telling, and nice post to obtain data about my presentation subject matter,
    which i am going to convey in school.

  3. Hello my family member! I want to say that this post is awesome, nice written and include almost all significant infos. I’d like to look more posts like this .

    • g
    • 2020年 6月 17日

    My family members all the time say that I am killing my time here at net, except I know I am getting experience everyday by reading such
    nice articles.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

アーカイブ

最近の記事

  1. Truth

    原文 25
  2. Truth

    GLAと幸福の科学 37
  3. Special

    Six amendments of Christ…
  4. 国際

    米 ホームレス予備軍 4000万人
  5. Truth

    GLAと幸福の科学 36
  6. 国際

    カルパチア号
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2020.08.11

    全体の悟り
  2. 2020.08.5

    原文 25
  1. 2018.08.21

    水の黙示録