帝国・旧ソ連崩壊は1991年12月25日

この動画の方は、残念ながらお亡くなりになりました。

被爆潜伏期間は4、5年と言われており、まだ潜伏期間内のはずですが、これです。

政府は隠蔽していくか別の病名をつけて誤魔化そうとすると思われます。

今までのことからして放射能との関連は否定していくはずです。

琵琶湖に次ぐ、日本第二位の湖、茨城県「霞ヶ浦」の汚染も深刻です。

この動画に出てくる魚の汚染を見て驚きました。

汚染魚が、公然と商品として売られ、一般に買われております。

宮城県産

茨城県産

酷い汚染です。

いずれ東日本は放棄されていくのでしょう。

ヘレン・カルディコット博士は、

18歳未満の子供に超音波検査を実施したところ、約40%の子供に甲状腺異常が見つかったという。

これは小児科の見地からみて極めて異常だ。

と語り、

福島の事故は終わっていない。

40年かけてきれいにするというが、不可能だ。

これから300年以上、土地も人も食物も汚染されたままだ

と警告し、ガレキの焼却についても「犯罪行為だ」と断罪しました。

「福島第一は最低でも数十年は放射能を放出し続ける。

最悪の場合、数百年に及ぶ可能性も高い。」:アーニー・ガンダーセン氏の最近の講演。

原発、わずか一基のメルトダウンで帝国・旧ソ連は、崩壊しました。

福島は3基もの原発メルトダウンであり、全てレベル7の事故です。

レベル7とは、自然界が核に汚染されて戻らず、全生物の死が、終わることなく続く事態の深刻さを示す尺度です。

しかも石棺もできず、放射能は放出中であり、収束は望めない。

最低でも今後50年は出続けると予測されています。

あの広大なニューヨークのセントラル・パークを居住不可能にするには、セシウム137がわずか2グラムあれば良いとされています。

https://twitter.com/cyborg0012/status/512790411207663617/photo/1

絶望的です。

旧ソ連の時と対応させますと、チェルノブイリの事故は1986年4月26日であり、旧ソ連崩壊は1991年12月25日です。

ピッタリ5年と8か月です。

2011年3月11日から5年8か月後とは2016年11月10日です。

後、1年と9か月です。

旧ソ連の時と同じような事態になるとは限りませんが、ひとつの参考にはなると思っています。

関連記事

  1. 続・眠り病

  2. 眠り病

  3. 首都・東京の汚染

  4. 輸入禁止の日本食品流通 産地偽装ー台湾

  5. メルトダウン

  6. 避難すれば国家の崩壊、避難しなければ被爆

  7. 福島第一原発での議論

  8. 福島第一原発の廃炉費用と期間

コメント

  1. Hello, i think that i saw you visited my site thus i came to “return the favor”.I am trying to find things to improve my site!I suppose its ok to use a few of your ideas!!

  2. I have been absent for some time, but now I remember why I used to love this blog. Thanks, I will try and check back more frequently. How frequently you update your website?

  3. I like this web blog very much, Its a real nice situation to read and obtain information. “Things do not change we change.” by Henry David Thoreau.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

アーカイブ

最近の記事

  1. Truth

    原文 25
  2. Truth

    GLAと幸福の科学 37
  3. Special

    Six amendments of Christ…
  4. 国際

    米 ホームレス予備軍 4000万人
  5. Truth

    GLAと幸福の科学 36
  6. 国際

    カルパチア号
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2020.08.5

    原文 25
  2. 2020.07.29

    生命と物質