幸福の原理とは、実在論にある 単C

Report No.270

釈迦の八正道とは、言うまでもなく最初に正しく見る正見があり、正しく見たら正しく思う正思があります。

正しく思ったら正しく語る正語があり、次に正しく行う正業がくる。

次に正しく生活する正命があり、正しく精進する正精進が来て、最後に正しく念ずる正念があり、正しく定に入る正定で八正道の修行の完成となります。

ただこの八正道は、全てこなそうとすれば難しいため、正しく思う正思と八正道にはありませんが、正しく聞く正聴と正しく語る正語だけで十分合格であると言っていた神霊もいました。

人の言うことを正しく聞いて、正しく思い、そして正しく語れればそれで合格である、と。

関連記事

  1. 救世の4原理 74 単C

  2. 救世の4原理 8 単C

  3. 人生の意義 単C

  4. 救世の4原理 71 単C

  5. 無我 単C

  6. 向上心と文明の盛衰を決める存在 単C

  7. 救世の4原理 83 単C

  8. 現代の神理 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728 

アーカイブ

PICK UP

  1. Truth

    エリュシオン 44
  2. 単体 T

    エリュシオン 44 単T
  3. Truth

    エリュシオン 43
  4. 単体 T

    エリュシオン 43 単T
  5. Creator's Report

    回想 13
  6. 単体 C

    回想 13 単C
  7. Truth

    エリュシオン 42
  8. 単体 T

    エリュシオン 42 単T
  9. 真理関係

    宗教 Ⅵ
  10. Creator's Report

    回想 12
  11. 単体 C

    回想 12 単C
  12. Truth

    エリュシオン 41