単体 C

幸福の原理とは、実在論にある 単C

Report No.270

釈迦の八正道とは、言うまでもなく最初に正しく見る正見があり、正しく見たら正しく思う正思があります。

正しく思ったら正しく語る正語があり、次に正しく行う正業がくる。

次に正しく生活する正命があり、正しく精進する正精進が来て、最後に正しく念ずる正念があり、正しく定に入る正定で八正道の修行の完成となります。

ただこの八正道は、全てこなそうとすれば難しいため、正しく思う正思と八正道にはありませんが、正しく聞く正聴と正しく語る正語だけで十分合格であると言っていた神霊もいました。

人の言うことを正しく聞いて、正しく思い、そして正しく語れればそれで合格である、と。

関連記事

  1. 永遠の宇宙即我 単C

  2. 大宇宙は宗教宗派を超える 単C

  3. 救世の4原理 36 単C

  4. 救世の4原理 95 単C

  5. 宗教界におけるお布施の問題 単C

  6. 回想 24 単C

  7. 悟りという名の幸福 単C

  8. 神の栄光 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の試し
  2. 単体 C

    信仰の試し 単C
  3. Truth

    永遠なる自己
  4. 単体 T

    永遠なる自己 単T
  5. Creator's Report

    信仰のメカニズムと浄化のシステム
  6. 単体 C

    信仰のメカニズムと浄化のシステム 単C
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.19

    知の原理
  1. 2024.06.19

    知の原理