底なしの盗作疑惑

東京五輪のエンブレム盗作疑惑ですが、もう何が何だか分からないぐらいの疑惑が出てきています。

一連の過程と経過を分かりやすくまとめたサイトがありました。

盗作騒動の一連の流れ

大体の流れはこのサイトで分かります。

あるいは時系列上の流れはこれです。

東京オリンピックのエンブレム変更を要求する署名活動も始まっています。

2020年東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムの変更を要求します

エンブレムを盗作されたベルギーのデザイナー・ドビ氏は著作権を争っているのに組織委員会側は商標登録を主張している点に「お金」のためだったのかなという感想をもっています。

これだけの疑惑がでているにも拘わらず、商標権のためにゴリ押ししようとする点に不可解なものを感じています。

初めから佐野研二郎氏ありきの「出来レース」であったことが、かなり明らかになっているわけで、エンブレムだけ疑惑がもたれているわけではないのです。

これだけケチが付き、盗作を理由に法廷にまで持ち込まれている作品を、あくまでゴリ押ししようとする点に「出来レース」を感じるのは私だけではないでしょう。

もっと素晴らしいと思える作品は、ネットでもごろごろと転がっています。

例えばこれとか、

あるいはこれですね。

中々人気のあるエンブレムです。

またこういった多くのエンブレムがあるわけです。

適当にダウンロードしてしまったためにソースが示せずに申し訳ありません。

どれもすばらしいエンブレムだと思います。

あれだけ酷似しているエンブレムを使用しなければならない理由があるのでしょうか。

まるでこれですね。


ソース

ちなみにここ笑うとこなんで。

佐野氏を擁護するデザイナーが、扇のエンブレムを批判しています。

佐野チルドレン、一般人考案の扇エンブレムを一斉批判「大きな蛾」「自殺の名所に立っている事もわかない不思議な感覚」

「佐野のパクリ仲間との結束力パネェな」

「酷いれんちゅう」

「馴れ合い内輪だけの酷い世界 芸人のそれと変わらんな」

「擁護しないと道連れにされそうだからな 後ろめたいんだよコイツらも」

東京オリンピックのエンブレムのもともとの原案はこれだったそうです。

するとすぐにこれと似ているという「Tシャツ」まで出てきました。

ソース

いちいち笑ってしまいますが、すべてがもうパクリではないのか、と。

「私はアートディレクター・デザイナーとして

ものをパクるということをしたことは、一切ありません」キリッ

・・・ほんとかなぁ」と思います。

というのも、盗作疑惑の問題が出て炎上している、まさにその瞬間にまたパクッているからです。


展覧会は2013年11月にDNP銀座ビルggg(ギンザ・グラフィック・ギャラリー)で開かれたもの

右下のロゴとほぼ同じですね。

この記事を読みますと、

佐野研二郎氏が会社のアカウント『MR_DESIGN』でヤン・チヒョルト展についてツイートしているのを発見したのだ。

ツイート画像まで残っている。

またミッフィー展でも盗作しています。

一番左の白い布を被っているミッフィーが佐野研二郎作品ですが、これはこれのパクリです。

ソース

またこれは著作権表示を消して盗用しているそうですが、無断借用しているならば少し悪質です。

ソース

許可を得て借用しているならば、コピーライトの表記を消す必要はありません。

コピーライトが削除された画像を権利者から譲ってもらった可能性もありますが、疑惑には違いありません。

こちらのスレッドの方が分かりやすいかもしれません。

今日の会見で佐野研二郎五輪ロゴ展開例に使われた画像もパクリ…そういう病気なのかな?

このスレッドの最初に出てくる画像の下の団扇まで盗作と言われています。

これですね。

四国団扇・白貼りだそうです。

よく見つけてきましたね。

盗作疑惑の問題で炎上しているまさにその時にも盗用している。

これも二つの画像を合成した作品です。

ソース

こんなのが続々出てくる。

例えばこれは会見で使用された画像ですが、表彰台のシルエットに注目して下さい。

これはアメリカの写真販売サイトの画像です。

ソース

正規に購入して使用したのかどうかも分かりませんが、今までの経緯からして疑われても仕方ありません。

これですね。

スレッドまでたっています。

【まだまだあった】佐野ロゴ展開例(会見で使われた画像) 表彰台のシルエットがアメリカの写真販売サイトの画像と一致wwwwwwwwwwwww

まさに底なしです。

いつまで盗作疑惑の作品が出てくるのでしょう。

全く予測もできません。

日本のトップデザイナーだそうですが正直、開いた口がふさがりません。

関連記事

  1. 米連邦公開市場委員会(FOMC)利上げ決定

  2. 世界貿易大戦

  3. アメリカ政府機関の閉鎖

  4. 米 ホームレス予備軍 4000万人

  5. オート・ジェノサイド

  6. 重大な結末

  7. 一帯一路

  8. AIIB(アジアインフラ投資銀行)加盟100か国突破

コメント

  1. The very root of your writing while appearing agreeable initially, did not really settle very well with me personally after some time. Somewhere within the sentences you actually managed to make me a believer but only for a while. I nevertheless have got a problem with your leaps in logic and one might do well to help fill in those gaps. If you actually can accomplish that, I could surely end up being impressed.

  2. I simply could not go away your web site prior to suggesting that I actually loved the standard information an individual supply in your guests?
    Is going to be again steadily to check out new posts

    • g
    • 2020年 6月 16日

    I’m gone to tell my little brother, that he should also go to see this website
    on regular basis to obtain updated from most recent information.

    • g
    • 2020年 6月 16日

    Wonderful items from you, man. I’ve consider your stuff previous to and you are simply too great.
    I really like what you’ve obtained here, really like what you’re stating and
    the best way during which you are saying it. You’re making it enjoyable and you still take care of to keep it wise.
    I cant wait to learn far more from you. This is actually a
    terrific website.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

アーカイブ

最近の記事

  1. Truth

    原文 25
  2. Truth

    GLAと幸福の科学 37
  3. Special

    Six amendments of Christ…
  4. 国際

    米 ホームレス予備軍 4000万人
  5. Truth

    GLAと幸福の科学 36
  6. 国際

    カルパチア号
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2020.08.5

    原文 25
  2. 2020.07.29

    生命と物質
  1. 2015.03.27

    不自然さ