弁護士保険

非公式ということになるのかもしれませんが、フランスでは「46.1℃」を観測した地域もあったようですが、公式の記録としては、やはり「46℃」が歴代最高気温としては公式の記録のようです。

ソース

洪水などもこういった光景を見ますと、言葉を失います。

ソース

少年が生活の糧である子牛を背負っています。

気候変動によってまず甚大な被害を受けるのは、貧しい地域や発展途上国ですが、富によって気候変動を引き起こし、その富という力の支配によって被害を受けるのは、力の弱い国や地域です。

力という悪を基準とすれば、そういった世界となるわけですが、その象徴が米中貿易戦争です。

富の多寡で戦争をしているわけです。

力という悪を基準に戦争をしているわけです。

力という悪のためには、パリ協定など守っていられないと言って離脱したのがトランプ政権です。

アメリカをある意味象徴している政権です。

そのアメリカの富と国力に神を利用する目的で全面的に加担しているのが、イエス・キリストと言われる霊であり、高橋信次ですね。

神を信じたことがないのに、GLAだの幸福の科学だの勝手に作っているということであり、中東の宗教はすべてそうです。

すべて神ではなく、自分達を拝ませている個人崇拝宗教です。

地獄の創造主共ですが、狂信者と盲信者の大量生産を見るにつけ、成っている実を見れば、樹の良し悪しが分かる。

今回は、大宇宙が神だという事実は確立しておかなければならないでしょうね。

大宇宙創造の当事者ではない限り、アラーは神ではないし、人類共通の人生の意義としても成り立たない限り、イエスも神とは言えない。

アラーは歴史の究極目的ではない限り、神とは言えないし、完全な正義を説いていない限り、イエスも神とは言えない。

すべての対立と矛盾を統一止揚する存在としても、アラーやイエスは妥当していないわけですから、やはり神とは言えない。

神ではない神霊に対して五体投地させてきたわけです。

随分と傲慢な霊共ですが、この点は幸福の科学と軌を一にしています。

神の条件とは、まず大宇宙創造の当事者であり、人類共通の永遠の人生の意義であり、歴史の究極目的であり、完全な正義であり、全ての矛盾と対立を唯一統一止揚できる存在です。

この5つの条件と属性を有していない神霊は、神とは言えないわけです。

すなわち信仰の対象とは言えない。

アラーだのイエスだの諸神霊だのは、この神の有する5つの属性を何一つ持っていませんから神とは言えませんが、神ご自身はこの5つの属性をすべて有しておられる。

中東の宗教はすべてカルトであり、良く言っても方便の宗教に過ぎない。

神でも何でもない存在を神として拝んでいるのですね。

それで宗教戦争をしてきたわけです。

原久子女史のように、霊能力とクマザサで簡単に騙せる者だけを相手にしてきたわけです。

数を基準にしている点も幸福の科学と軌を一にしておりますが、騙せる人間は数が多く、騙せない人間は数が少ない。

数をもって威圧せん、自我を通さんとしている神霊は、だから下を相手にやさしいおじさんの演技をするか、聖人ぶるわけですね。

そっちの方が数が多いからですね。

この数と力の支配は、天地を分離している手口です。

神なんて初めからなかったのですね。

騙し方もすべて知っています。

今回の救世の法では、この点も明らかにしていかなければならないのでしょう。

知りたくもありませんでしたが、無理やり知らされた。

生まれる前に騙されておりますと、これは見抜けん。

大宇宙の権威だけは今回確立しておかなければならないでしょうね。

今回、この地獄の創造主共が神の権威に競い立ってきたわけですが、恐らく1000年単位の戦争になる。

神の権威で戦争になるわけですから、どんな正義を言っても戦争になるということです。

神がないからです。

このイエスだの高橋信次だの見ると、良く分かりますが、戦争の原因は神への信仰の欠如です。

神への信仰が元々ないから、どのような正義と真理を言っても戦争になるのです。

自分を偉いと言わせる欲望を絶対化している霊です。

これが宗教戦争の原因であり、地獄界の創造原因です。

単に人類の霊的未熟だけで戦争が起こるのではないのです。

もちろん霊的未熟も戦争の原因ではありますが、もっと根本的な原因があったわけです。

この文明実験が行われます。

米中貿易戦争は富を基準とした戦争であり、「60%の法則」というのがあるそうです。

【正論】長期戦覚悟で米中対立に備えよ 産経

最近、中国で囁(ささや)かれているのが「60%の法則」である。

国内総生産(GDP)が自国の6割を超えると、アメリカは容赦なく「ナンバー2潰し」を始める。

当時の日米通商摩擦もそうだったんじゃないですか、というのである。

確かに中国は現時点でアメリカのGDPの60%を超えています。

米中貿易戦争とは、ナンバー2潰しですが、恐らくできないでしょう。

今の中国には、かなりの諸神霊が加担しているからです。

イエスとヤーウェ、このユダヤの預言者とイエスだけでは難しいでしょうね。

元々、彼らは数が多いだけで、神の心を何も知らない連中の集まりだからです。

世界の腐敗もそれが原因ですから、中国をナンバー2と認識しているなら、ナンバー2潰しはできないでしょうね。

今やアメリカの名目GDPは約19兆ドル、中国は12兆ドルである。

5兆ドルの日本から見れば、いずれも仰ぎ見るような存在だ。

われわれは依然世界第3位の経済大国とはいえ、みずからを小国と自覚して周到かつ用心深く手を打っていく必要がある。

将来のGDPの推移を見ますと、反日国家である中国と韓国の2か国だけで、既にアメリカと日本の2国を足したGDPを超えているのです。

ソース

中国と韓国の2国を合わせますと「27兆ドル」であり、アメリカと日本のGDPを合わせた規模は「25兆ドル」なのです。

反日国家が日米を超えて世界のトップになっているのですね。

あくまでお金に過ぎませんが。

今後この差は開いていくわけですが、2018年の時点のPPPで既に超えているわけです。

今後、10年、20年と推移を見ますと、この差は開いていくわけです。

後、100年もすれば、神々の意志が地上に反映されてきます。

神を売った国家は衰退し、そうでない国と地域は繁栄していくということです。

神々の意志というのは、数百年単位で見ませんと地上人間には分からない。

痛ましい事件です。

ベトナム人妻へ激しく暴力振るう韓国人夫の動画が拡散=令状実質審査へ ワウコリア

韓国人夫が妻に対し

「ベトナム料理は作るなって言っただろ?

俺はベトナム人じゃないって言っただろ?」

などと怒鳴りながら、激しく暴力を加えるようすが収められていた。

これです。

男の方は入れ墨をしていますが、痛ましい動画です。

注目しなければならないのは、子供です。

子供の反応を良く見て下さい。

子供は自分が、叩かれてもいないのに泣いています。

霊天上界の諸霊とはどういった性質を持っているか、この世では中々分からないでしょうけれども、みなこの子供の反応と同じです。

霊天上界の諸霊の反応は、霊格高き者も低き者も関係なく、地上の不幸を見て、この子供と同じ反応をするのです。

幼子のごとくあらねば、天国の門は開かんというのは、これを言っているわけです。

しかしてこれは日本にもよくある児童虐待ですが、通常は泣き寝入りする方も多いと思いますが、最近では弁護士保険というものがあり、一般人でも気軽に法的に戦うことができる時代に入っています。

あくまで方便ですけどね。

通常は弁護士を立てて、法的に戦うなんて、よほどの金持ちか法人でないと財政的にできなかったわけですが、最近はできるようになっています。

弁護士保険

月に「2980円」というのはリーズナブルな金額であり、今後普及していきそうです。

ちょっとしたトラブルでも弁護士が窓口になり、問題処理にあたってくれます。

高額な弁護士費用が、保険で賄えるわけです。

一般人が気軽に利用できるのです。

例えばこういったよくありそうなトラブルです。

ついに日本もここまで来たかといった感じです。

今までは弁護士を雇うような高額な案件は、敷居が高かったわけですが、これが一般人でも適切な価格で利用することができるようになっているわけです。

これは今後、普及していくだろうなと思っています。

現在、弁護士保険は2社あるわけですが、2社の比較はこれです。

【2019年版】弁護士保険2社の違いと比較!あなたにおすすめなのはどれ?

不担保期間を見ましてもMikataの方が良さそうですが、不担保期間とは、「保険にご加入いただいてから、保険金をお支払いできない期間の比較です」であり、Mikataの方が短いです。

手軽に弁護士を雇うことができるようになったというのは、大した進歩です。

弁護士の方はこういっています。

宗教団体の金銭トラブルの問題でも利用できそうです。

ご参考までに。

関連記事

  1. クロームの表示変更 9月4日

  2. 日本 技術力の低下か

  3. クール・ジャパン

  4. 自画自賛症候群

  5. 自治体半減の衝撃

  6. 豊田真由子議員の罵詈雑言 2

  7. 天皇家 東電株で含み損

  8. 豊田真由子議員の罵詈雑言

コメント

  1. Nice post. I was checking constantly this blog and I’m impressed! Very useful information particularly the last part 🙂 I care for such information a lot. I was seeking this particular info for a long time. Thank you and good luck.

  2. Hi there everyone, it’s my first go to see at this
    web page, and piece of writing is really fruitful in support of me,
    keep up posting these posts.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

アーカイブ

最近の記事

  1. Special

    Six amendments of Christ…
  2. 国際

    米 ホームレス予備軍 4000万人
  3. Truth

    GLAと幸福の科学 36
  4. 国際

    カルパチア号
  5. 国際

    財政の崖 オーストラリア
  6. Special

    The Fundamental Spirit b…
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2020.07.29

    生命と物質
  1. 2016.03.20

    悟り一元論