悪魔の炎・火災旋風発生 ライラック・ファイヤ

仏国土顕現、地球ユートピア顕現の最初は火で焼くと、よく言われてきました。

火山噴火か太陽フレアか、あるいは火災か分かりませんが、とにかく火で焼くそうです。

まさにカリフォルニアは、現在こんがりとベリーウェルダンで焼かれておりまして、今後の前兆現象を見ているようです。

日本は世界でどの国よりも先に最初に立て替える、すなわち既存の政治体制や経済、並びに宗教を破壊すると主張していたわけですが、東芝に巣食って株価を上げているようでは、その気はさらさらないようです。

真理をみずから悟っていないわけですから、立て替えなどできるはずもない。

神道にはずっと遊んでいてもらいましょう。

さんざん犯罪を犯してきたからできなくなったのですね。

こういうのを自業自得、因果応報というのです。

カリフォルニアの山火事が、さらに拡大しています。


ソース

日本の報道では「4万7000ヘクタール」、すなわち「470㎢」とありますが、現地の報道では「5万7000ヘクタール」、つまり「570㎢」と報道されています。

627㎢」の東京23区の面積に近づいています。

前回の史上最悪と言われた10月の森林火災の焼失面積「990㎢」の「58%」です。

一部では避難解除命令が出ており、高級住宅街であるベル・エアは「20%」鎮火しています。

警戒レベルも最高度の「パープル」から「レッド」に引き下げられています。

昨日は朝方からサンタアナの強風が、時速120kmと予想されていたわけですが、実際は100kmを超えませんでした。

不幸中の幸いです。

昨日までは大きな火災は、同時に4カ所で発生していたわけですが、上記の報道にもありますように2カ所増えて、現在は6カ所になっています。

トーマス・ファイヤ」、「ライ・ファイヤ」、「クリーク・ファイヤ」、「スカーボール・ファイヤ」の4つに対して「リバティ・ファイヤ」と「ライラック・ファイヤ」の二つが加わっています。

ソース

2500人の消防士が消化作業に当たっていますが、現在の鎮火率はこれです。

懸命な消化作業が続いています。

これはスカーボールです。

これはリバティ・ファイヤです。

昨日新たに発生したリバティ・ファイヤはまだしも、厄介な火災となっているのがライラック・ファイヤです。

鎮火率は未だ「0%」であり、サンディエゴで猛威を振るっています。

ちなみにリバティ・ファイヤの発生は、現地時間の昨日7日の午後1時14分です。

LIBERTY FIRE

ライラック・ファイヤは、昨日7日の午前11時15分です。

LILAC FIRE

色々と小さい火災にも名前がついておりますが、大きい火災はこの6カ所です。

カリフォルニアの火災

特にライラック火災は、あの「悪魔の炎」と言われる火災旋風が巻き起こっている。

ポルトガルでも起こっていました。

この映像もライラックです。

まさに「火炎地獄」です。

その火炎地獄の魔王が暴れている写真です。

まるでハリウッドみたい。

ここが昨日、新たに発生した2カ所です。

ソース

CNNでは「空気質指数」も扱っていましたが、サンタバーバラは昨日の「155」から火災の煙のために「195」に跳ね上がっていました。

これは昨日の数字ですが、まだサイトに反映されていません。

ソース

このソースでは世界中の空気の状態が分かります。

日本は割と空気がきれいです。

基準はこれです。

ソース

指数が50以下ならば、良い状態であり、100以下が並の状態、150を超えますと健康に良くなくなり、200を超えますと極めて健康に良くない。

300を超えた栗色になりますと「危険」とあり、メキシコにそういった場所があります。

中国は、これを見ますと確かに空気が悪いですが、栗色まではありません。

インドに栗色の「危険」が、ままあります。

サンタバーバラは、森林火災の煙で指数が健康に良くない151~200の範囲である「レッド」になっている。

火災が発生した、わずか4日間で「570㎢」が焼失したわけですから後、金・土・日と、3日も燃え続ければ、史上最悪と言われた10月の森林火災に並びます。

少なくとも12月10日の日曜日までは、サンタアナの強風が吹き荒れると予測されています。

もしそれ以上、火災が続くようならば、明らかに焼失面積の規模において、前回10月の山火事を超えるでしょうね。

まさに年末に史上最悪の山火事が起こったことになる。

来年は、どこかの国が核で焼かれると予想されています。

年末の山火事は、その暗示であり、前兆のように見えます。

関連記事

  1. インドネシア津波の被害状況

  2. 米 猛威を振るう森林火災

  3. 頻発する自然災害

  4. アマゾンの森林火災について

  5. 人為起源温暖化説

  6. イグ・ノーベル賞

  7. 活発化しているクラカタウ火山

  8. 大規模災害の確率「47%」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

アーカイブ

PICK UP

  1. 真理関係

    真理の土台 3
  2. Special

    The Democratic Testament…
  3. 国内

    難癖続きの東京オリンピック
  4. Creator's Report

    宗教戦争の主な二つの原因
  5. Truth

    安楽死、堕胎、自殺の問題
  6. Creator's Report

    善悪の基準としての大宇宙
  7. Truth

    宇宙即我 その3つの悟り
  8. 国内

    超スーパースプレッダー・イベント !?
  9. Creator's Report

    謙虚さの本質は悟りに在り
  10. Truth

    この世の究極の価値は、あの世の存在によって証明さ…
  11. Creator's Report

    全人類救済と全人類幸福の共通点
  12. Truth

    悪の分析