愚かな生き神信仰 単C

Report No.145

自我の栄光は、永遠に虚しく、神の栄光は、永遠に尊い。

人間の栄光は虚しく、神の栄光は尊い。

自己の栄光は、永遠に虚しいがゆえに、その栄光を求める者は、永遠に虚しさの世界で生きることになる。

この虚しさを地獄と言う。

地獄界とは、神の虚しさと悲しみが闇としてあらわれている世界であり、幸福にしたいと思って生んだわが子が、闇に堕ちて不幸になっている。

天国が神の心のあらわれだとすれば、地獄界も神の心のあらわれです。

神の深い悲しみと虚しさ、そして心の痛みがあらわれているのです。

関連記事

  1. 宗教改革 単C

  2. 救世の4原理 52 単C

  3. 救世の4原理 54 単C

  4. 絶対性理論 6 単C

  5. 回想 9 単C

  6. 六大神通力 単C

  7. 神への信仰とは「紙一重」 単C

  8. 神の世界計画 1 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728 

アーカイブ

PICK UP

  1. Truth

    エリュシオン 44
  2. 単体 T

    エリュシオン 44 単T
  3. Truth

    エリュシオン 43
  4. 単体 T

    エリュシオン 43 単T
  5. Creator's Report

    回想 13
  6. 単体 C

    回想 13 単C
  7. Truth

    エリュシオン 42
  8. 単体 T

    エリュシオン 42 単T
  9. 真理関係

    宗教 Ⅵ
  10. Creator's Report

    回想 12
  11. 単体 C

    回想 12 単C
  12. Truth

    エリュシオン 41