単体 C

愚かな生き神信仰 単C

Report No.145

自我の栄光は、永遠に虚しく、神の栄光は、永遠に尊い。

人間の栄光は虚しく、神の栄光は尊い。

自己の栄光は、永遠に虚しいがゆえに、その栄光を求める者は、永遠に虚しさの世界で生きることになる。

この虚しさを地獄と言う。

地獄界とは、神の虚しさと悲しみが闇としてあらわれている世界であり、幸福にしたいと思って生んだわが子が、闇に堕ちて不幸になっている。

天国が神の心のあらわれだとすれば、地獄界も神の心のあらわれです。

神の深い悲しみと虚しさ、そして心の痛みがあらわれているのです。

関連記事

  1. 地獄界消滅の基本法 単C

  2. 救世の4原理 42 単C

  3. 救世の4原理 14 単C

  4. 救世の4原理 111 単C

  5. 天地一体の悟りに不幸なし 単C

  6. 人類の幸福の原点とは信仰にある 単C

  7. 既存宗教 仏教 単C

  8. 如来とは何か 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829 

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    自己遍在とは
  2. 単体 C

    自己遍在とは 単C
  3. Truth

    総括 8
  4. 単体 T

    総括 8 単T

最近の記事

  1. 総括 8

    2024.02.24

  2. 総括 8 単T

    2024.02.24