単体 T

戒律 1 単T

宇宙は神の所作物ではなく、神の表現である : 西田幾多郎

宇宙の存在とは、神の表現であるということは、宇宙が神であるということです。

キリスト教などは、神と宇宙の関係を芸術家とその作品の如き関係として認識しておりますが、そういった神は架空の神であって実在としては認められません。

宇宙の外に立てる独立自全の神という存在は架空の神であり、仮にたとえそういった神が存在していたとしても、我々の心とは没交渉の神ですので実在としては認められないのです。

単なる妄想の神と言ってもいい。

西田哲学で説かれておりますように神と宇宙の関係とは、芸術家とその作品の如き関係ではなく、本体と現象の関係です。

神の心(本体)と神の体(現象)の関係なのです。

宇宙が神ですので神と人間は永遠に一体で生きています。

関連記事

  1. 神への信仰とは、常に現実的なものである 単T

  2. 偶像崇拝 1 単T

  3. 全体の悟り 単T

  4. 無間地獄に流れる神の慈悲 単T

  5. エリュシオン 44 単T

  6. 神約民主論国家の実現 9 単T

  7. 戒律 8 単T

  8. 救済の本義 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰のメカニズムと浄化のシステム
  2. 単体 C

    信仰のメカニズムと浄化のシステム 単C
  3. Truth

    知の原理
  4. 単体 T

    知の原理 単T
  5. 国際

    思い出した予言
  6. Creator's Report

    光の盾
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.19

    知の原理
  2. 2024.06.16

    光の盾
  1. 2024.06.19

    知の原理
  2. 2024.06.16

    光の盾