救世の法、その概略 単T

見られる全世界(客観)は、見る者、全人類の心の世界(主観)である。: 空間論

見られる全歴史(客観)は、見る者の全人類の心の進化過程(主観)である。: 時間論

主観と客観は合一している。(主客合一)

これはこの世のみならず、あの世、いわゆる潜在意識の多次元世界をも貫く法則です。

高橋信次氏以降、多次元世界が説かれてきましたけれども、あの世も主客合一に貫かれております。

関連記事

  1. 荒ぶる自然 単T

  2. 全人類幸福化運動とは、「神の聖なる支配」のことである 単T

  3. 創造経済 4 単T

  4. 神の存在 6 単T

  5. 仏陀の法の修正 4 単T

  6. 神と人類との永遠の一体性 単T

  7. 餓鬼の世界 単T

  8. GLAと幸福の科学 34 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930 

アーカイブ

PICK UP

  1. Creator's Report

    神の存在とあの世の存在
  2. Truth

    自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 15
  3. 国際

    危険そうなワクチン
  4. Creator's Report

    救世の4原理 44
  5. Truth

    自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 14
  6. Creator's Report

    救世の4原理 43
  7. Truth

    原文 40
  8. 国際

    ロシア独自の変異株 急拡大
  9. Creator's Report

    救世の4原理 42
  10. Special

    The law of horizon Ⅲ
  11. Creator's Report

    縦の中道と横の中道
  12. Truth

    自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 13