単体 T

救世の法、その概略 単T

見られる全世界(客観)は、見る者、全人類の心の世界(主観)である。: 空間論

見られる全歴史(客観)は、見る者の全人類の心の進化過程(主観)である。: 時間論

主観と客観は合一している。(主客合一)

これはこの世のみならず、あの世、いわゆる潜在意識の多次元世界をも貫く法則です。

高橋信次氏以降、多次元世界が説かれてきましたけれども、あの世も主客合一に貫かれております。

関連記事

  1. 冥途の土産 単T

  2. 天人師 単T

  3. 教育の本質 単T

  4. 神への信仰 単T

  5. 憑依の原理 6 単T

  6. 自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 9 単T

  7. 神の存在 7 単T

  8. 仏国土・ユートピアは各個人の悟りに在り 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Truth

    総括 25
  2. 単体 T

    総括 25 単T
  3. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  4. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  5. Truth

    総括 24
  6. 単体 T

    総括 24 単T
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.15

    総括 25
  2. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.15

    総括 25
  2. 2024.06.12

    総括 24 単T