救世の法、その概略 単T

見られる全世界(客観)は、見る者、全人類の心の世界(主観)である。: 空間論

見られる全歴史(客観)は、見る者の全人類の心の進化過程(主観)である。: 時間論

主観と客観は合一している。(主客合一)

これはこの世のみならず、あの世、いわゆる潜在意識の多次元世界をも貫く法則です。

高橋信次氏以降、多次元世界が説かれてきましたけれども、あの世も主客合一に貫かれております。

関連記事

  1. ベーシック・インカム 1 単T

  2. 全体の悟り 12 単T

  3. 自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 19 単T

  4. エリュシオン 24 単T

  5. 本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -GLA編 3ー 単T

  6. 宗教の正邪を分ける7つの公理 4 単T

  7. 三千世界の次元上昇 4 単T

  8. 存在の愛 2 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728 

アーカイブ

PICK UP

  1. Creator's Report

    回想 14
  2. 単体 C

    回想 14 単C
  3. Truth

    エリュシオン 44
  4. 単体 T

    エリュシオン 44 単T
  5. Truth

    エリュシオン 43
  6. 単体 T

    エリュシオン 43 単T
  7. Creator's Report

    回想 13
  8. 単体 C

    回想 13 単C
  9. Truth

    エリュシオン 42
  10. 単体 T

    エリュシオン 42 単T
  11. 真理関係

    宗教 Ⅵ
  12. Creator's Report

    回想 12