単体 C

救世の3部作の再統一 2 単C

Report No.385

今回の「救世の法」の土台は、まず幸福の科学で説かれたわけですが、砂の土台の上に説かれてしまいましたので「矛盾」の中でバラバラに解体されてしまいました。

「救世の法」が瓦礫と化してしまったのです。

まさに砂のお城です。

「統一と連関」を失ってしまったのです。

教祖の悟り不足の非難は免れないでしょう。

砂の上に家を建てようとすれば、その家の全体が崩れてしまうのです。

神への信仰とは、真理と法体系の土台であり、この土台のないところに建築物を作れば、その建築物全体が崩れ、崩壊してしまうのです。

神という存在は本当に騙せない存在であり、口先でいくら信仰を主張しても神の前では全く通用しないのです。

いくら神への信仰を口先で主張しても、自己都合の教祖は必ず物質に支配されておりますので、物質の属性である法体系の「矛盾」から逃れられなくなるのです。

そして教義の全体が「矛盾」し、崩壊していくのです。

その崩壊を防ぐには、神への信仰を可能な限り、極めていくしかありません。

神の心と自己の心との合一を深化させていくしかないのです。

関連記事

  1. 神の存在とあの世の存在 単C

  2. 救世の4原理 56 単C

  3. 神の心とは、人類の本音である 単C

  4. 救世の4原理 110 単C

  5. 神ご自身の目から見た罪とは何か 単C

  6. 回想 21 単C

  7. 人を信じ、世を信じ、神を信ぜよ 1 単C

  8. 水平線の法 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    神と共に生活する
  2. 単体 C

    神と共に生活する 単C
  3. Truth

    総括 9
  4. 単体 T

    総括 9 単T

最近の記事

  1. 総括 9

    2024.03.2

  2. 総括 9 単T

    2024.03.2

  3. 宇宙の山

    2024.02.28