単体 C

救世の4原理 101 単C

Report No.287

過去・現在・未来に出てくる全ての悪の源は人間の自我に帰一するという思想は、今回は若干の修正が必要であり、確かに結果(物質)としてはそう見えますけれども、自我そのものを悪と見る観念は自我に比喩した方便の善と言っていいでしょう。

相対的な自我を悪としますと、では神の善は一体どこから流れてくるのかという問題になり、自我の奥の神我、表面意識の奥の潜在意識、現象我の奥の実相から来るという点を強調した教えと見ていい。

善が流れてくる位置を明確にする意図の下に説かれてきたということです。

関連記事

  1. 人間の使命とは、天地創造にある 単C

  2. 救世の4原理 80 単C

  3. 絶対性理論 18 単C

  4. 悟り一元論の世界 単C

  5. 縦の中道と横の中道 単C

  6. 宗教の改革 単C

  7. 救世の4原理 51 単C

  8. GLAの教義と生長の家の教義 比較 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829 

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    自己遍在とは
  2. 単体 C

    自己遍在とは 単C
  3. Truth

    総括 8
  4. 単体 T

    総括 8 単T

最近の記事

  1. 総括 8

    2024.02.24

  2. 総括 8 単T

    2024.02.24