単体 C

救世の4原理 105 単C

Report No.319

古い仏教の見性は大体終了しましたので、次にキリスト教の見性に入ります。

キリスト教は、やたら罪を強調する宗教であり、確かに罪は悔い改めなけばなりませんが、罪や悪は「本当にあるもの」、「永遠になくならないもの」、すなわち実在ではありませんので神の心を自覚すればなくなり、消え去り、過ぎ去っていくものです。

罪や悪の正体とは、相対性であり、不浄性であり、無常性ですから実在とは言えません。

善は「永遠になくならないもの」であり、悪は「なくなるもの」です。

悪や罪は「永遠」には勝てません。

関連記事

  1. 神の心とは「即の中道」と「水平線」に在る 単C

  2. 回想 13 単C

  3. 回想 19 単C

  4. 神の存在とあの世の存在 単C

  5. 絶対性理論 21 単C

  6. 救世の4原理 38 単C

  7. 宗教 単C

  8. 神の繁栄法則 2 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T