単体 C

救世の4原理 111 単C

Report No.329

キリスト教で言われる「原罪」は存在せず、もちろんアダムとイブの罪が子孫に遺伝することもありません。

神は罪や悪を「ひとかけら」も創造しておりませんので、本来罪や悪は「ない」のです。

罪や悪は人間や人格神が犯す者であり、神が犯すものではありません。

神は罪を犯せないのです。

キリスト教もそうですが、既存の宗教は神ご自身の目から見た「罪とは何か」の定義が曖昧であり、正確に定義が為されていないのが問題です。

罪とは何かが神ご自身の目から見て分かっていないということは、神の心もまた分かっていないということです。

だから自堕落に富を追うことができるのです。

関連記事

  1. 神と人間との永遠の関係 単C

  2. 救世の4原理 27 単C

  3. 宗教 単C

  4. 絶対性理論 22 単C

  5. 永遠の存在と永遠の世界 単C

  6. 絶対性理論 10 単C

  7. 救世の4原理 51 単C

  8. 神の繁栄法則 2 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T