単体 C

救世の4原理 113 単C

Report No.331

自我は「目的」にもならず、「否定」もできません。

「自我を捨てよ」という教えは方便の善であり、有限の善です。

全ての多様な悪は、自我に帰一していると見ておりますので、自我や表面意識を悪と見るわけですが、もちろん相対的な自我が「目的」になることはありませんが、実は「否定」もできないのです。

少なくとも神ご自身は「否定」しておられません。

神我が「天」であり、自我は「地」で、永遠に天地一体です。

神我が統一であり、自我は矛盾です。

統一が「天」であり、矛盾が「地」で、永遠に天地一体です。

神我即自我であり、西田哲学で説かれておりますように統一即矛盾が実在であり、双方は一実在の両方面です。

切ったら実在とはならず、自我となり、有限の善となり、方便の真理に落ちます。

「自我を捨てよ」という教えは、この神我と自我を自我で切って、自我の矛盾の方面を見て、矛盾を矛盾であるという理由において「自我を捨てよ」と言っているため自我に比喩した方便の善です。

関連記事

  1. 救世の4原理 103 単C

  2. 自己遍在とは 単C

  3. 救世の4原理 119 単C

  4. 回想 17 単C

  5. 神の人類支配の方法 単C

  6. 救世の4原理 57 単C

  7. 絶対的上位者と相対的上位者 単C

  8. 文明は神の心によってのみ善となる 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 

アーカイブ

最近の記事

  1. 国際

    イラン VS イスラエル
  2. Creator's Report

    宇宙即我の歴史
  3. 単体 C

    宇宙即我の歴史 単C
  4. Truth

    戒律 13
  5. 単体 T

    戒律 13 単T
  6. Creator's Report

    永遠の復活
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.04.13

    戒律 13
  2. 2024.04.13

    戒律 13 単T
  1. 2024.04.13

    戒律 13
  2. 2024.04.13

    戒律 13 単T