単体 C

救世の4原理 114 単C

Report No.336

アダムとイブが原罪を犯し、その罪が全人類に遺伝することはありません。

罪が遺伝するという考えは危険であり、冤罪の温床となる考えです。

人は一人一人固有の人生を歩んでいるのであり、自分の罪は自分の罪ですが、他人の罪は他人の罪です。

従って自分の悟りは自分で磨くしかなく、自分の罪は自分で反省するしかありません。

当たり前の話ですが、他人様の罪を自分が反省しても、他人の罪が消えるわけではありません。

罪を犯したその者自身が反省しなければ、罪は消えないのです。

反省と償いが十分あれば、罪は消えます。

アダムとイブの罪を人さまが反省しても消えることはなく、アダムとイブ自身が反省しなければ、その罪は消えません。

そしてアダムとイブ自身がみずからの罪を反省すれば、その罪は消えます。

原罪は反省を通して消滅するのです。

すなわち原罪はないのです。

関連記事

  1. 宇宙とは「必然の存在」 単C

  2. 救世の4原理 80 単C

  3. 救世の4原理 7 単C

  4. 大宇宙、その「存在の愛」 単C

  5. 善悪の基準とは、如来界の悟りに在り 単C

  6. 救世の4原理 130 単C

  7. 幸福の正体 単C

  8. 救世の4原理 124 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T