単体 C

救世の4原理 120 単C

Report No.349

キリスト教には「裁くな」や「罪の子」、あるいは「無限の許し」と言った独特な言葉が使用されておりますので、字句通り受け取りますと誤解を招く事態が生じてきます。

神の心には「ひとかけら」の罪もありませんので、その子供である人間も罪の子ではなく、神の子であり、善の子です。

ただ子供ですので、たまに親の心から外れることをし、それを罪と言い、悪と言ってきただけです。

正法とは神の心とおのれの心を同じくするという、ただこれだけなのです : モーゼ

逆から言えば、罪とは神の心とおのれの心が同じくなっていない時、それを罪と言い、悪と言うのです。

個人であろうが、人類全体であろうが、神と離れればそれは全て悪になってしまうのです。

逆から言えば、個人であろうが、人類全体であろうが、神の心と同じくなっていれば、それは全て善であるということです。

関連記事

  1. 地球ユートピアの造り方 単C

  2. 宗教改革とは信仰改革 単C

  3. 救世の4原理 20 単C

  4. 神の人類支配の方法 単C

  5. 精神即物質とは、神の公平さの表現 単C

  6. 霊格の決定要因 1 単C

  7. 「悟り」とは進化の道 単C

  8. 回想 27 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T