単体 C

救世の4原理 122 単C

Report No.353

神とは宇宙の大統一者であり、宇宙は神の表現である。

神の心が原因であり、神の体はその結果です。

神の心が原因であり、人間の心はその結果です。

原因と結果は必然的な結合関係にあり、神への信仰とは神の心と人間の心との必然的な結合関係を回復することによって大宇宙を正常な姿に戻す心的行為を言います。

神への信仰とは、神の心の「原因」と人間の心の「結果」が結合していく因果律の回復であり、大宇宙ではこの原因と結果は必然的に結合しているため正常な状態にありますが、人間の方が原因(神の心)と切られているため異常な状態にあると言えます。

この異常な状態にある人間が世界中で色々な問題を起こしているのです。

関連記事

  1. 神の繁栄法則 1 単C

  2. 回想 26 単C

  3. 絶対性理論 13 単C

  4. 救世の4原理 118 単C

  5. 救世の4原理 50 単C

  6. 救世の4原理 84 単C

  7. 高橋信次の神理 5 単C

  8. 光一元思想 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T