単体 C

救世の4原理 137 単C

Report No.427

キリスト教では「原罪」と「人間・罪の子」の「正」が説かれ、「反」として「本来、罪なし」の神道系の教えが出ています。

果たして人間は神の子なのか、あるいは罪の子なのか。

キリスト教では現実に悪や罪を犯す人間を見て罪や悪を見つめさせ、反省と悔い改めに導きますが、生長の家では人間精神の根源的本質である神の心そのものを見つめ、ここに「悪なし、罪なし、病なし、肉体なし、物質なし、宇宙なし」と説き、悪もなければ、罪もない神の心を見つめさせようとします。

これをあの世の高橋信次氏は、「本来、地獄なしですが、現実は地獄ありなわけです」と言っていました。

あるものはあるのだから仕方がない、と。

つまり「正」と「反」の対立があるわけです。

関連記事

  1. 救世の4原理 2 単C

  2. 救世の4原理 41 単C

  3. 救世の4原理 24 単C

  4. 「水平線の法」とは「即の中道」 単C

  5. 悟り一元論の世界 単C

  6. 光の輪廻転生 単C

  7. 回想 27 単C

  8. 救世の4原理 109 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰のメカニズムと浄化のシステム
  2. 単体 C

    信仰のメカニズムと浄化のシステム 単C
  3. Truth

    知の原理
  4. 単体 T

    知の原理 単T
  5. 国際

    思い出した予言
  6. Creator's Report

    光の盾
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.19

    知の原理
  2. 2024.06.16

    光の盾
  1. 2024.06.19

    知の原理
  2. 2024.06.16

    光の盾