単体 C

救世の4原理 19 単C

Report No.118

世界宗教であろうが、新興宗教であろうが、その教義についている埃とチリは、如何ともし難く、釈尊は母であるマヤ夫人が、無憂樹(むゆうじゅ)の花を取ろうとして右腕を上げた時、その右脇の下から生まれたと言われています。

当時のインドの風習では、右は清浄であり、左は不浄と思われていたために右脇の下から生まれたということになっている。

関連記事

  1. 勝利の方程式 単C

  2. 救世の4原理 100 単C

  3. 絶対性理論 3 単C

  4. 人を信じ、世を信じ、神を信ぜよ 2 単C

  5. 政治 単C

  6. あの世の構造 単C

  7. 救世の4原理 142 単C

  8. 主客合一の重要な意味 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

アーカイブ

最近の記事

  1. Truth

    総括 30
  2. 単体 T

    総括 30 単T
  3. Creator's Report

    救世の4原理 143
  4. 単体 C

    救世の4原理 143 単C
  5. Truth

    総括 29
  6. 単体 T

    総括 29 単T
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.07.9

    地球の寿命
  1. 2024.07.9

    地球の寿命