単体 C

救世の4原理 31 単C

Report No.130

高橋信次氏時代のGLAの教えは、全体的にいって大体、述べたと思いますが、後あるとすれば、「一日一生」と「情けは人のためならず」、あるいは「足るを知る」の教えがあったと思う。

総じて宗教と科学を一致させようとする傾向があり、科学法則を通して真理を説明することが多かったと思う。

カルマの法則を慣性の法則として説き、時速200㎞で走っている新幹線が、いきなり停止しても、中の乗客はそれでも進行方向に体が向かおうとするものである、という慣性の法則を性質的傾向性のカルマとして説明していました。

何十年も利益を追ってきた者が、いきなり正義に向かおうとしても、その業(カルマ)は深く、難しい。

関連記事

  1. 絶対性理論 3 単C

  2. 多次元世界 1 単C

  3. 信仰の必然性 1 単C

  4. 回想 11 単C

  5. 回想 16 単C

  6. 既存宗教 キリスト教 単C

  7. 信仰の基本的奥義 単C

  8. 「永遠」とは、絶対の善 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

アーカイブ

最近の記事

  1. Truth

    総括 30
  2. 単体 T

    総括 30 単T
  3. Creator's Report

    救世の4原理 143
  4. 単体 C

    救世の4原理 143 単C
  5. Truth

    総括 29
  6. 単体 T

    総括 29 単T
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.07.9

    地球の寿命
  1. 2024.07.9

    地球の寿命