単体 C

救世の4原理 32 単C

Report No.131

神を愛する者は、人を愛し、神を愛せない者は、人も愛せない。

神への信仰なき世界では、人が人を愛する世界にはならない。

完全なる神すら愛せない者が、何ゆえ不完全なる人を愛することができようか。

その人の不完全さゆえに、人が人を愛することはできなくなるであろう。

ではその愛せない不完全な人間を、何故神は永遠に愛しているのであろうか。

神がその者を愛していなければ、その者はそこに存在していない。

完全なる存在は、不完全なる存在を愛し、不完全なる存在は、完全なる存在を愛さない。

むしろ完全はないとして否定し、神の存在を否定していく。

しかして神への信仰とは、完全なる存在を信じることである。

関連記事

  1. 回想 22 単C

  2. 「救世の法」の土台における「連関と統一」 単C

  3. 回想 13 単C

  4. 幸福の正体 単C

  5. 回想 32 単C

  6. 大魔王即大如来 単C

  7. 救世の4原理 104 単C

  8. エデンの楽園追放 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T