単体 C

救世の4原理 35 単C

Report No.134

悟りとは、神の存在証明です。

神の心を証明していくことを「悟り」というのです。

従って悟りのない者に、神の存在証明はできません。

常にそこにいる神の心を証明できないのです。

悟っているがゆえに、その神の心を指し示し、その存在を証明できるのです。

禅では不立文字、教外別伝、直指人心、見性成仏の四聖句が説かれていますが、この直指人心(じきしにんしん)です。

単刀直入に指で指し示すように神の心を指し示します。

禅では仏の心をズバリと指し示すのです。

仏の心を証明しているわけです。

神への信仰には、悟りが伴い、神の存在証明が伴います。

関連記事

  1. 救世の4原理 127 単C

  2. 法の化石化 単C

  3. 救世の4原理 20 単C

  4. 回想 32 単C

  5. 救世の3部作の再統一 1 単C

  6. 救世の4原理 52 単C

  7. 信仰の本義 1 単C

  8. 絶対性理論 15 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T