単体 C

救世の4原理 36 単C

Report No.135

「反省」は、八万四千の法門に優り、全ての仏典に優る教えです。

仏教の本質は、まさにこの「反省」であり、「本質」とは、その一つが欠ければ、その全体に意味がなくなる或るものと定義することができる。

仏教から「反省」の教えを除外すれば、それはもはや仏教とは言えず、その八万四千の法門の全体は、蛇の知恵に堕ち、単なる屁理屈に堕する。

仏教の小難しい教義を振りかざして哲学化し、難解な知識を腰にぶら下げても、その者は何も仏の心を悟ってはいない。

関連記事

  1. 信仰証明論 単C

  2. 絶対性理論 11 単C

  3. 回想 15 単C

  4. 自己実現思想 単C

  5. 汝ら幼子の如くあらねば天国の門は開かない 単C

  6. 戦争と平和 単C

  7. 救世の4原理 15 単C

  8. 人間の文明と奴隷の文明 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T