救世の4原理 37 単C

Report No.136

キリスト教の埃とチリの部分は、大体見性したと思いますが、元々キリスト教は神を崇拝している宗教ではなく、イエス・キリストという人間を崇拝している宗教であり、その神格化の過程で様々な埃とチリがついており、人間を崇拝すればするほど、その埃とチリの矛盾は滑稽なものになってくる。

霊格が高かろうが、低かろうが誰であれ、その自我を神格化すれば、必ずその真理は矛盾してきます。

キリスト教の埃とチリの部分から理解できることは、自我は所詮、神にはなりえないということです。

「自我」は神格化できず、しようとすれば荒唐無稽で滑稽なものになります。

「自我」を神格化するのは、物質を神格化するのと同じであり、無理があるのです。

それでもその「無理」を強行に通そうとすれば、様々な矛盾と荒唐無稽な言論のオンパレードになる。

関連記事

  1. 高橋信次の神理 4 単C

  2. 救世運動の失敗と混乱 単C

  3. 救世の4原理 73 単C

  4. 救世の4原理 21 単C

  5. 人を信じ、世を信じ、神を信ぜよ 2 単C

  6. 光一元思想 単C

  7. 絶対の慈悲 単C

  8. 信仰証明論 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728 

アーカイブ

PICK UP

  1. Truth

    エリュシオン 44
  2. 単体 T

    エリュシオン 44 単T
  3. Truth

    エリュシオン 43
  4. 単体 T

    エリュシオン 43 単T
  5. Creator's Report

    回想 13
  6. 単体 C

    回想 13 単C
  7. Truth

    エリュシオン 42
  8. 単体 T

    エリュシオン 42 単T
  9. 真理関係

    宗教 Ⅵ
  10. Creator's Report

    回想 12
  11. 単体 C

    回想 12 単C
  12. Truth

    エリュシオン 41