救世の4原理 39 単C

Report No.138

神の心が「天」であり、神の光が「地」で、永遠に天地一体です。

神の心を悟れば、これを原因(神の心)として結果(神の体)、自己の神の光が増すのです。

地球での地獄界は、この天地を逆転した生き方から生まれています。

すなわち「地」である神の光を「天」に置き、「天」である神の心を「地」に置くわけです。

これを地獄の創造主と言ってもいいけれども、神の心が「地」に置かれておりますので、「地」である物質のように自己の快楽と利益のために、真理を手段として利用せんとする霊も東洋では割といます。

関連記事

  1. 自力と他力の考察 単C

  2. 絶対性理論 15 単C

  3. 回想 15 単C

  4. 善悪の根源的原理 1 単C

  5. 信仰の本義 2 単C

  6. 救世の4原理 104 単C

  7. 回想 26 単C

  8. 幸福の原理とは、実在論にある 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2023年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

PICK UP

  1. Truth

    大宇宙の存在 6
  2. 単体 T

    大宇宙の存在 6 単T
  3. Creator's Report

    救世の3部作の再統一 2
  4. 単体 C

    救世の3部作の再統一 2 単C
  5. Truth

    大宇宙の存在 5
  6. 単体 T

    大宇宙の存在 5 単T
  7. 国際

    世界の債務危機
  8. Creator's Report

    本物の神が説かれる時代
  9. 単体 C

    本物の神が説かれる時代 単C
  10. Truth

    大宇宙の存在 4
  11. 単体 T

    大宇宙の存在 4 単T
  12. Creator's Report

    神の道とは「紙一重」