単体 C

救世の4原理 43 単C

Report No.148

「天の中道」と「地の中道」が分離しておりますと実在とはなりません。

それは神の心と神の体が分かれておりますと宇宙にならないのと同じです。

神の心と神の体が一体でなければ、真理はその無限性を失うということです。

本来、物質なしの如きは、神の体を明らかに否定しており、矛盾や現象利益を否定しておりますので、実在とはならない。

「地の中道」における目的と否定の両極端のうち「否定」に偏っている。

すると神の心である「天の中道」と切られる。

「天の中道」と「地の中道」が切られますと実在とはならず、真理がその無限性を失うことになる。

まさに有限の範囲でしか救えなくなるわけです。

関連記事

  1. 回想 14 単C

  2. 神について Ⅱ 単C

  3. 回想 22 単C

  4. 神について Ⅰ 単C

  5. 全人類を永遠に律する神 単C

  6. 「救世の法」の完成と成就 単C

  7. 光の革命 単C

  8. 救世の4原理 127 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 

アーカイブ

最近の記事

  1. 国際

    イラン VS イスラエル
  2. Creator's Report

    宇宙即我の歴史
  3. 単体 C

    宇宙即我の歴史 単C
  4. Truth

    戒律 13
  5. 単体 T

    戒律 13 単T
  6. Creator's Report

    永遠の復活
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.04.13

    戒律 13
  2. 2024.04.13

    戒律 13 単T
  1. 2024.04.13

    戒律 13
  2. 2024.04.13

    戒律 13 単T