単体 C

救世の4原理 44 単C

Report No.149

神我は、常に自己を善人にするが、自我は、常に自己を悪人にする。

神は常に善人を造るが、神以外の存在は善人を造ることができない。

自己を善にするものは、自己のただ中にしかない。

だから神の栄光は尊く、自我の栄光は卑しい。

神の心は君子であり、自我の心は小人(しょうじん)です。

人は自我のままに流れた時、小人となる。

神の心は全ての存在を善にするが、自我の心は全ての存在を悪にする。

関連記事

  1. 救世の4原理 65 単C

  2. 救世の4原理 43 単C

  3. 活殺一如 1 単C

  4. 既存宗教 キリスト教 単C

  5. 神への信仰の道 単C

  6. 神の栄光 単C

  7. 天地一体の理法とは宗教改革の土台 単C

  8. 回想 19 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T