単体 C

救世の4原理 47 単C

Report No.161

当時、ローマ帝国のユダヤ属領は、ローマ帝国と対立する東のパルティア(旧ペルシャ・現イラン)との緩衝地帯でした。

カイアファは子供の頃、ローマ帝国によるセフォリスでのユダヤ人に対する大虐殺を見ており、二度とこのようなことがあってはならないと誓います。

そしてカイアファが大祭司に就任してから数年後、つまりポンテオ・ピラトが総督になってから数か月後、ピラトはエルサレムに水を引く水道橋建設の資金を神殿の資金でまかなうことを決定します。

ローマ帝国の事業をユダヤ人の資金でまかなうことに反発したユダヤ人が反乱を起こしますが、ピラトが民間人として潜り込ませていた兵士によって鎮圧され、この時大量のユダヤ人が虐殺されています。

ユダヤ人の大虐殺です。

関連記事

  1. 回想 25 単C

  2. 人生の意義 単C

  3. 神への信仰と菩提心 単C

  4. 高橋信次の神理 1 単C

  5. 救世の4原理 111 単C

  6. 回想 12 単C

  7. 天地一体の悟りに不幸なし 単C

  8. 救世の4原理 62 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829 

アーカイブ

最近の記事

  1. 真理関係

    次世代の真文明 8
  2. Creator's Report

    自己遍在とは
  3. 単体 C

    自己遍在とは 単C
  4. Truth

    総括 8

最近の記事

  1. 総括 8

    2024.02.24

  2. 総括 8 単T

    2024.02.24