単体 C

救世の4原理 53 単C

Report No.179

キリスト教の教義の見性に入ります。

キリスト教の教えと言いましても、「教え」と教祖の「人格性」とは不可分のものであり、本来切れないわけですが、キリスト教ではこの「教え」と教祖の「人格性」とが切られており、「教え」だけを暴走させて信じ込ませておりますので、イエスの人格性が不透明なのです。

特にキリスト教では奇跡と霊現象を隠れ蓑と言いますか、媒介としておりますので教祖の人格性が不透明であり、よく分からないものになっています。

奇跡や霊現象を通して何か特別な存在であり、何か我々通常の人間とは異なっている特殊な存在と思い込んでいるため、人格性の方がその奇跡と霊現象の仮面によって覆い隠されているのです。

関連記事

  1. 救世の4原理 34 単C

  2. 釈尊の真意 単C

  3. 唯美進化論 1 単C

  4. 一人残らずの全人類救済法則 単C

  5. 幸福の正体 単C

  6. 絶対性理論 18 単C

  7. あの世の構造 単C

  8. 救世の4原理 109 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Truth

    総括 25
  2. 単体 T

    総括 25 単T
  3. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  4. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  5. Truth

    総括 24
  6. 単体 T

    総括 24 単T
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.15

    総括 25
  2. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.15

    総括 25
  2. 2024.06.12

    総括 24 単T