単体 C

救世の4原理 73 単C

Report No.220

仏教の本質とは「悟りと反省」です。

「悟り」とは、自己の本質を知り、神の心を悟ることを言います。

「反省」とは、神の心に照らして反省する行為ですから、神の心と自己の心を合一させる行為です。

従って「反省」の目的とは神人合一です。

大抵の「反省」は、神の心ではなく、神の体に照らした反省ですから、好意的に見ても方便の域を出ません。

企業の重役がテレビでよく頭を深々と下げる場面がありますが、仏教で言う「反省」とは、ああいった反省を言うのではありません。

利益(神の体)を基準に相手に利益的な損害を与えたために頭を下げて反省しているわけです。

神の体が基準になっているためその反省は、むしろ悪を増大させる反省に過ぎず、神人合一とはならない。

関連記事

  1. 絶対性理論 2 単C

  2. 神への信仰の義務性 単C

  3. 救世の4原理 103 単C

  4. 救世の4原理 64 単C

  5. 多次元世界の死角 単C

  6. 謙虚さの本質は悟りに在り 単C

  7. 救世の4原理 20 単C

  8. 神の繁栄法則 1 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T