単体 C

救世の4原理 93 単C

Report No.267

イエスの時代は村落の漁民や村人を相手に法を説いておりましたので、当時の「敵」と言えば、大抵は神の心を基準とした「敵」ではなく、神の体(相対的な利益)を基準とした「敵」のことを指していたと思われます。

相対的な利害関係と打算による敵と味方です。

自己に利益をもたらす者を「味方」と認識し、自己に不利益をもたらす者を「敵」と認識する見方です。

関連記事

  1. 神への信仰とは「紙一重」 単C

  2. 救世の4原理 90 単C

  3. 救世の4原理 74 単C

  4. 回想 11 単C

  5. 如来とは何か 単C

  6. 進化論 単C

  7. 救世の4原理 76 単C

  8. 既存宗教 キリスト教 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T