単体 C

救世の4原理 95 単C

Report No.271

「敵」も「罪」も実在ではなく、現象から出てきているものであり、相対的なものです。

実在である神の心そのものを見ますと、ここに罪はなく、敵もいないわけです。

従って神そのものに「本来、敵なし」であり、「本来、罪なし」ですが、人間は神ではありませんから現実的には敵なしにもなれなければ、罪なしにもなれません。

現実には敵に見えし者もあらわれてくるし、神のように一点の罪も犯さず生きることもできません。

それが人間の抱える神との「永遠の矛盾」です。

関連記事

  1. 救世の4原理 113 単C

  2. 善悪の基準とは、如来界の悟りに在り 単C

  3. 謙虚さの本質は悟りに在り 単C

  4. 救世の4原理 13 単C

  5. 大宇宙の絶対的権威 単C

  6. 救世の4原理 72 単C

  7. 縦の中道と横の中道 単C

  8. 「救世の法」の完成と成就 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Truth

    総括 25
  2. 単体 T

    総括 25 単T
  3. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  4. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  5. Truth

    総括 24
  6. 単体 T

    総括 24 単T
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.15

    総括 25
  2. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.15

    総括 25
  2. 2024.06.12

    総括 24 単T