単体 C

文明は神の心によってのみ善となる 単C

Report No.202

神の繁栄とは、天地開闢(てんちかいびゃく)の法であり、要は造物主の法です。

神の繁栄の法とは、「救世の法」においては、一つの法の完成を意味しており、これが説けるかどうかでその者の悟りの質が分かります。

悟りの未熟なる者は、この神の繁栄の法が説けないのです。

これは天地創造の法を説くのと同じだからです。

逆から言えば、神の繁栄の法によって「救世の法」は一つの完成を見るということです。

神の繁栄の法を悟らず、説けないうちは、「救世の法」の完成はないということです。

関連記事

  1. 救世の4原理 120 単C

  2. 罪の文明 単C

  3. 救世の4原理 11 単C

  4. 全体の法としての「宇宙即我」2 単C

  5. 救世の4原理 42 単C

  6. 救世の4原理 32 単C

  7. 神の人類支配の方法 単C

  8. 回想 32 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T