新型コロナ 解決策なし

本日は「原爆の日」ですが、原爆投下について和製チャップリン昭和天皇は「やむを得ない」と言っています。

アジアの民間人2000万人以上を虐殺し、タイメン鉄道から従軍慰安婦、南京大虐殺からアヘン帝国で有名な満州建国、731石井部隊の人体実験から人肉食いまで行い、それを決してやめようとしなかった軍隊であり、アジアで無茶苦茶しましたからね。

しかも戦後、反省もせず、ごまかし、アメリカを利用してまでアジアの口をふさいできましたので、特に被害国である中国や朝鮮半島の人達にはいまだに憎悪されています。

長崎と広島、当時は「たった二発かよ」なんて言われていました。

それだけ酷いことをしてきたのですね。

原爆投下は「致し方ない」というのは理解できます。

宣戦布告なしの真珠湾攻撃もやりました。

日清戦争の時も宣戦布告はしませんでしたね。

今回もそうですが、いつも奇襲攻撃です。

加害者のくせに原爆投下によって被害者ぶる点も非難されています。

当時、アメリカではこんなことをやっていました。

ミス・原爆です。

中々、笑えます。

こちらは原爆ケーキです。

ソース

ほんと、おいしそうですね。

原爆ケーキは今でも作られています。

戦争犯罪者のことなどどうでもいいわけですが、アメリカ最古の老舗百貨店ロード・アンド・テイラーが、新型コロナで経営破綻しています。

米老舗百貨店ロード&テイラー、新型コロナで破綻 日経

米老舗百貨店のロード・アンド・テイラーは2日、米連邦破産法11条(日本に民事再生法に相当)の適用を申請して経営破綻した。

新型コロナウイルスの影響で全米の38店舗が営業休止となり、売上高が急減していた。

同社は1826年にニューヨークで創業し、米国で最も古い百貨店とされる。

フィリピンも第2四半期の数字が出ましたが、四半期としては過去最悪の悪化となっています。

フィリピン4~6月のGDP 過去最悪の伸び率 新型コロナが影響 NHK

フィリピンのことし4月から6月までのGDP=国内総生産の伸び率は、新型コロナウイルスの影響で、ほぼすべての業種で業績が大幅に落ち込んだことなどから、去年の同じ時期と比べてマイナス16.5%と、四半期としては過去最悪となりました。

2期連続のマイナス成長となり、現在の方法で統計を取り始めた1981年以降、四半期としては過去最悪となりました。

イギリスのイングランド銀行もコロナ禍前の水準に戻るには、2022年以降と予測しています。

英中央銀行 経済回復は来年末まで見込めず金融緩和続ける方針 NHK

イギリスの中央銀行、イングランド銀行はイギリス経済が新型コロナウイルスの感染拡大前を上回る水準まで回復することは来年末まで見込めないという見通しを示し、大規模な金融緩和を続ける方針を強調しました。

ことし1年を通じたGDP=国内総生産の伸び率はマイナス9.5%に落ち込み、失業率は年末までに現在の倍近い7.5%に悪化するとの予測を明らかにしました。

「おっかのうえぇ」のアグネス・チョウ氏も逮捕され、有罪判決を受けています。

香港民主派リーダー周庭氏に有罪 「日本、世界の皆さんも注目してほしい」 毎日

香港の裁判所は5日、2019年6月に違法集会を扇動したなどとして公安条例違反に問われた香港の民主活動家、周庭氏(23)に対し有罪を言い渡した。量刑は今後の公判で宣告される。

今年の12月に量刑が言い渡される予定だそうです。

「地」である富を「天」に置いた資本主義。

「地」である国益を「天」に置いた政治家。

「地」である神から遠い大衆を主権者と称して「天」に置いた民主主義。

イエスの自己都合ですべてが神の御心と逆の文明になっていますが、これだけ神の神殿で神の心と逆をやっているのですから、半分以上地獄に堕ちるのは当たり前。

民主化運動というが、いつから大衆が主権者になったのか?

いつから宇宙のルールは変わったのか?

自己の生命の本質にも神の心はあり、他者の生命の本質にも同じ神の心がある。

宇宙という神の神殿も神ご自身が創造の当事者である限り、この宇宙での永遠の主権者は、神に決まっている。

いつから神から遠い者達が主権者になったのか?

かつての天才や偉人はすべて真の主権者である神の心、この真理を求め、探求してきたのであって、コロコロと変わる大衆の心を探求してきた者など一人もいない。

それは嘘つき主権者だからです。

その嘘つき主権者が、多数決でバカを選ぶ民主主義は終わりです。

その嘘つき主権者さまが投票する者達は、正義を旨としている者ではなく、いつも国益や富という悪を「天」に置いて追ってきた者達ばかりです。

気候変動は当たり前。

次のアメリカ大統領選挙も、正義ではなく、国益と富を「天」に置いてきた者達を相手に選挙ごっこで遊ぶのでしょう。

民主主義も社会主義もみな方便の善であり、無限化して許される政治体制ではない。

民主化、民主化、とまるでアヘンです。

イエスへの無意味な個人崇拝とそっくりですな。

神への信仰も悟りも向上もないのに民衆のためなどという世界などあらわれるわけないでしょう。

利益をむさぼって自然界と生態系を荒らしていくだけです。

利益はならず者を作り、利益は人間性を喪失させる。

新型コロナの世界での感染者数が8月3日「1800万人」を突破しました。

コロナ感染1800万人超 最悪ペース、死者69万人 産経

米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルスの感染者が3日、世界全体で1800万人を超えた。

1700万人となった7月30日から4日で100万人増となっており、過去最悪ペースが続いている。

これで世界の感染者の推移はこうなります。

4か月(4月2日/100万人) → 13日後(4月15日/200万人) → 12日後(4月27日/300万人) → 12日後(5月9日/400万人) → 12日後(5月21日/500万人)→ 9日後(5月30日/600万人)→ 9日後(6月8日/ 700万人) → 7日後(6月15日 / 800万人)→ 7日後(6月22日 / 900万人)→ 6日後(6月28日 / 1000万人)→ 5日後(7月3日 / 1100万人)→ 5日後(7月8日 / 1200万人)→ 5日後(7月13日 / 1300万人)→ 4日後(7月17日 / 1400万人)→ 5日後(7月22日 / 1500万人)→ 4日後(7月26日 / 1600万人) → 4日後(7月30日 / 1700万人)→ 4日後(8月3日 / 1800万人): ジョンズ・ホプキンス大学の集計

ワールドオーメーターの集計では、本日8月6日既に「1900万人」を突破しています。

ちなみに今まで思い違いでワールドメーターと記載していたのですが、ワールドオーメーターの誤りでした。

過去の記事に遡って修正しておきました。

ソース

来週の始めには「2000万人」を突破しそうです。

インドのシャー内相も新型コロナに感染しています。

今のところインドの政治家の中では最高レベルです。

インド内相がコロナで入院、新規感染5日連続で5万人超 ロイター

インドのシャー内相は2日、新型コロナウイルスに感染し入院したと明らかにした。

これまでに同国で感染した政治家としては最高レベルとなる。

同相はモディ首相の側近で、内務省は新型コロナ対策の前線に立っている。

8月に入り、アメリカとベトナムが新型コロナの感染で新たなフェーズに入っています。

ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」 毎日

従来、ベトナムは感染者数も死者数も少なかったわけですが、8月に入ってスパイクしているのです。

ベトナムの感染者と死者

新型コロナウイルスの感染拡大を封じ込めてきたベトナムで、再び流行への懸念が強まっている。

7月25日に中部の観光都市ダナン市で約3カ月ぶりに市中感染が確認され、同31日には初の死者も発生。

3日現在の死者は6人となっている。

これまでにない感染力が強いタイプとされ、当局が警戒を強めている。

保健省によると、患者から採取したウイルスの遺伝子は、これまで国内で発見された5種類の新型コロナウイルスとは型が異なり、感染力が強いタイプだという。

今までベトナムはうまく感染を封じ込めていたのですが、ここにきて遺伝子の型が全く異なる新型コロナに襲われています。

変異したということなのでしょうか。

変異のスピードが速く、ワクチンは効くのかなという疑念が出てきます。

アメリカも新たな局面を迎えており、ホワイト・ハウスのデボラ・バークス氏が、都市部と共に今度は地方に新型コロナの感染が「異常に拡大している」と警告しています。

米の新型コロナ感染、異常に拡大し新段階に=コロナ対策顧問 ロイター

米国は流行の「新たな段階に入っている」との認識を示した。

バークス氏は「現在の状況は3─4月とは異なる。感染が異常に拡大している」と指摘。

地方に住む人々に対し、「このウイルスへの免疫はない」と警告した。

免疫のない地方の人達に感染が異常に拡大しており、非常に重大な局面にあると警鐘を鳴らしています。

来月以降、第二波がくると警戒されていたわけですが、免疫がないというのは恐ろしい事態になりそうです。

アメリカは明日にも感染者が「500万人」を突破するわけであり、更に拡大しそうな雲行きです。

にも拘わらずトランプ大統領は、未だ新型コロナの深刻さを把握していないようです。

トランプ大統領、いまだコロナ禍の深刻さを把握せず 情報筋 CNN

新型コロナウイルス対策チームの会合で、トランプ大統領が依然としてコロナ禍の深刻さを把握していない様子だったことが分かった。

「彼はいまだに事態を把握していない」

メンバーが事態の重大さを強調しようとしたところ、トランプ大統領は繰り返し話題を変えようとし、「何か別のことを話し始めた」そうです。

自我を「天」に置いている者は、快楽を「天」に置いておりますので、不快を避けようとします。

新型コロナが不快で不快でしようがないのでしょう。

利益だけを求めてきた者は、不利益を避け、不利益から逃げようとし、見たいものだけを見ようとします。

新型コロナは、自分に不利益しかもたらさないと直感で分かっているのでしょう。

こういった利益だけを求めている人が望むのは、一刻も早く新型コロナが自然消滅することと新型コロナを無力化させるワクチンが開発されることだけです。

自己の不利益を消滅させたいわけです。

かなり自我の強い大統領のようです。

WHOのテドロス事務局長は、トランプ大統領と合わないのかどうか知りませんが、トランプ大統領の「希望」に水を差しています。

新型コロナの特効薬は現時点では存在せず、今後もないかもしれないと言っています。

ワクチンを望んではいるが、ワクチンは今後も開発されないかもしれず、たとえ開発されても数か月程度の限定的な効果しかないかもしれないと言っています。

この報道では、新型コロナに対する「解決策はない」と明言しています。

ソース

解決策がないというのは、つまり今後この問題は長期化していくということでしょう。

しかしていつも思いますが、世界中の人達がマスクをしている姿というのは異常な光景です。

今回の新型コロナは、100年に1回のパンデミックであり、WHOはその影響は今後何十年にも及ぶと言っています。

ソース

まるでワクチンに期待していないような言い方です。

サーズにもマーズにも未だ有効なワクチンはありませんからね。

専門家はワクチン開発の難しさを知っているのでしょう。

しかし数十年も続くとなりますと世界経済は長期的な衰退に向かうことになります。

むしろ世界経済はもたないのではないか。

経済活動をすれば感染し、やめれば破綻していくわけですから結局傾向としては世界経済は、全体的に抑制され、衰退していくしかなくなる。

ひたすら金と株に奉仕しているような裏切り者相手には仕方のない選択かもしれない。

ただ何十年もというならば、何十年も温室効果ガスは減少を続けていくことになる。

自然界と生態系にとっては優しい新型コロナです。

関連記事

  1. 盗作疑惑は関係者に波及?

  2. 10月28日 総選挙の動議提案へ

  3. 動くロシア

  4. 2016 米大統領選 討論会 第1回

  5. 東芝の解体

  6. タルタロス

  7. アメリカ雇用統計 9月

  8. 第二次朝鮮戦争 ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930 

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    正直者と嘘つき
  2. 真理関係

    すべての不幸の原因は天地分離にある
  3. Special

    The Hidden Purpose of Ca…
  4. Truth

    GLAと幸福の科学 44
  5. Creator's Report

    救世の4原理 12
  6. Truth

    GLAと幸福の科学 43
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2018.06.15

    戦争と平和