新燃岳(しんもえだけ) マグマ噴火に移行

また新燃岳が噴火しましたね。

既にマグマ噴火に移行しているようです。

溶岩ドームや新たな火孔を確認 専門家「マグマ噴火に移行」 MBC

専門家は「すでにマグマ噴火に移行した」との見解を示しました。

「マグマが直接上がってきて、完全なマグマ噴火の状態になっている」

「確認された新たな火孔はこっち。

去年までの火孔の上に新たな溶岩ドームができている。

直径200メートル、高さ50メートルくらいの溶岩ドームができている。

一部赤熱しているマグマが見えるが、600〜700度で非常に高温だろう」

「規模によっては火砕流を伴うような、爆発的噴火を繰り返すのが(今後の)ひとつのパターン。

下から上がってきたガスが溶岩ドームごと吹き飛ばして火山弾や風下に火山れきを降らせる。

爆発的な噴火は空振伴い、窓ガラスが割れるなどするので注意が必要」

前回、2011年1月の噴火では溶岩ドームは、直径500メートルほどでしたが、前回の半分以下です。

2011年の噴火 ウィキペディア

爆発的噴火は3月1日が最後であり、13回爆発的噴火を起こしています。

新燃岳の最後の噴火は、9月7日とあり、影響は1年ほどに及んでいます。

ソース

新燃岳のすぐ隣には、天孫降臨した山で有名な高千穂峰があります。

この新燃岳がこうなっているわけです。

ちなみに7年前の2011年の新燃岳の噴火はこれです。

今後の予想がここでまとめられています。

新燃岳の今後を7年前に習う。

(溶岩が)溢れ出すまで1000万トン出る必要があるから、25時間かかる。明朝か。

日本にある111の活火山のうちの一つですから噴火しても驚きはありませんが、気になる点が3点あります。

1点目は、やはり4万キロにも及ぶリング・オブ・ファイア(環太平洋火山帯)に属している火山がまたひとつ噴火したこと。

やはり活性化しているのではないか。

イエスがアメリカで妨害をやめれば、すぐにでも始まりますが、今世界を崩壊させれば、自分を偉いと言ってくれる者が今後いなくなってしまう。

支配欲を満たせなくなる。

ヨハネの黙示録等、預言通り人類の3分の2も消えるとなりますと、古い宗教とかなくなってしまいますからね。

幸福の科学がしっかりと道を逸れず、きっちりと神の法を説いていれば、その最高指導霊であるイエスの偉いは残りますからこの場合、世界やキリスト教は崩壊しても構わない。

ところがその幸福の科学が、バカをやっておりますので、このまま自分を偉いと言ってくれている世界を崩壊させるわけにはいかなくなった。

だから現状維持をしてきたわけですが、気候変動や地殻変動が少々目立ってきました。

ただイエスのバカげた行為によって救世の4原理を悟れました。

何が幸いするか分からないものであり、仏国土の造り方やこの惑星全体を救う神の法も悟れました。

神約民主論は、一つの基本であってそんな単純な法でもない。

もっと詳細に説くことができるようになった。

一人残らずの全人類救済法則も悟れましたし、結果オーライです。

リング・オブ・ファイアの活性化は、イエスがアメリカでの妨害活動を、そろそろやめると決意したためかもしれないと思っています。

ならばご愁傷さまの方々が、色々と出てくることになる。

ほんとに妨害をやめていいのですかね。

多くの人間が消えていくことになる。

イエス・キリストは幸福の科学の最高指導霊として、妨害活動と共に輝かしい名声を後世残すことになる。

さすがに神道みたいに幸福の科学の運動を「なかったこと」にはできないでしょう。

初期、触れた人はみんな知っていますからね。

幸福の科学の最高指導霊は、イエス・高橋信次・モーゼの3柱だということをね。

何かね。

幸福の科学がバカをやればやるほど、イエス・高橋信次、モーゼにくるわけですね。

指導霊ですからね。

真実とは頑固なものであり、今さら消せないわけです。

本人らが、自分達が指導霊だと自分で言うとるから。

得意げに。

ほんとは偉いと言われたいのにね。

おもしろいですね。

だから大川さん、バカやってんじゃね。

っていうか惑星意識にやらされてんじゃね。

イエスが妨害活動をやめるならば、ではアメリカと欧州で救世運動が再開されることになる。

そして救世の法が開始されれば当然、自然界も超地殻変動をもって徐々に動いていくことになる。

その動きが、今回のリング・オブ・ファイアの活性化かもしれないと思っています。

もしそうならば、この自然界の動きは空前の動きを今後示していくことになります。

私としてはゼウス神の影響圏でのみできれば文句はないわけですが、色々な諸神霊がかかわっており、どうしても地球規模にならざるを得ないのではないかと感じています。

神道は、他の諸神霊が計画している超地殻変動を知っているから、その尻馬に乗って新燃岳だの草津白根山だの蔵王山だの阿蘇山だのに影響を与えている可能性がある。

日本での地震や火山活動は、ほんと茶番であり、この国ではあの世である程度コントロールしているのです。

それが動いているということは、尻馬に乗ろうとしている。

日本以外の地域が、どう動いていくかを知っているということです。

つまり今回のリング・オブ・ファイアの活性化は、真理の胎動を意味している可能性がある。

これが1点。

2点目は、新燃岳は2011年1月に噴火しておりますが2か月後、その新燃岳の噴火活動中の3月11日に、あの東日本大震災が起こっています。

東北から始めるというあの預言の成就ですね。

始まりませんでしたけどね、全然。

それでも時間がないものだから、2014年に御嶽山を噴火させて、また始めるぞと思わせておりました。

やるやる詐欺みたいなもので、もちろん当ブログの真理を無視してできるものではありませんから、ここでも当然、何も始まりませんでした。

当たり前のことです。

誰がこの星で一番高い真理を説くと思っている。

そういったごまかしと嘘ばかりを繰り返してきたのですね。

付き合いきれませんから、欧米で開始されることになるでしょう。

ただそうならば、またその尻馬にのって2011年と同じことをする可能性が大です。

東日本大震災クラスの巨大地震をまた起こすということですね。

欧米で始まるならば、もう先送りする必要性はなくなるからです。

この点は、日本では日月神示で預言されていた通りのことをするのでしょう。

あの嫌な預言ですね。

食べるものも飲むものも着るものも住むところも頼るところもなくなる。

食べるものも飲むものもないと臣民不足申しているが、まだまだ少なくなりて、人民がなくなるところまでいくのであるぞ。

今回はなくなる神々さまもいるぞ。

なんでも行であるから喜んで行してくだされよ。

臣民のかわいい尻、ポーンと叩いて、野山切り開かせても食い物3分しかとれんから。

臣民、取り違いばかりしているぞ。

お前ら、みーんな穴の中に住まなならんし、なまの物食うて暮さなならんし、臣民、取り違いばかりしているぞ。

金、おってる卑しい臣民ばかり。

金なんかなくしてしまうぞ。

みーんな今日、働いて、今日、食べていく世界になるのであるから、その覚悟せよ。

法律、この方きらいじゃ、ほんとの悪人つくっているから嫌いじゃ、嫌いなものなくすぞ。

日本人があちらに一人、あそこに一人、あの遠い、遠いところに一人、言うぐらいむごいことせなならんから。

右を見ても、左を見ても、神も仏もおらんのざ。

言うぐらいとことんのとことんまで落ちていくんだぞ、お前らは。

まだまだ落ち沈まねば、改心できん臣民、いっぱいおるぞ。

はよう悟れと申してあるのざ・・・以下延々・・。

3点目は、今年の諏訪大社の良く当たると言われる「粥占(かゆうら)」ですね。

この記事で書きましたが、気にはなっていました。

スーパー・ブルー・ブラッドムーン(完全な皆既月食)

2011年と同じ大凶「三下り半」を意味する「三分五厘」が出ています。

権宮司は、「今年前半はよくない。注意が必要」

前半とはあと4か月しかない。

新燃岳で気になった点はこの3点ですかね。

関連記事

  1. ハリケーン・フローレンス上陸

  2. 白頭山噴火の懸念

  3. 巨大噴火の発生確率100年で1% 神戸大が試算、壊滅的な被害予測

  4. 箱根山、噴火警戒レベルを2に引き上げ 気象庁

  5. 水の黙示録 4

  6. 水の黙示録

  7. 桜島 本日495回目の爆発

  8. 失われた以前の気候

コメント

  1. I have been checking out a few of your posts and it’s clever stuff. I will make sure to bookmark your site.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930 

アーカイブ

最近の記事

  1. Truth

    GLAと幸福の科学 44
  2. Creator's Report

    救世の4原理 12
  3. Truth

    GLAと幸福の科学 43
  4. 国際

    オーガスト・コンプレックス・ファイア
  5. Creator's Report

    救世の4原理 11
  6. Creator's Report

    絶対性理論 4
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2020.03.19

    創造経済 4
  2. 2018.03.9

    政治
  3. 2015.12.28

    自由と戒律