本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -キリスト教編 1ー 単T

この題は様々な宗教の「教え」そのものの内容を見性しているのではなく、あくまでその「教え」を説いた者が悪や罪についてどう捉えていたのかを、生命と物質、すなわち神の心と神の体、つまり宇宙論から再見性することを目的としています。

本当の悪の原因と実体を悟っていなければ、その善や法がどんなにすばらしい法であっても有限化してしまうからです。

神の善が無限なのは首肯せらるるでしょうけれども、実は神の目から見た悪を悟らなければ、そのすばらしい善も真に無限とはならないのです。

関連記事

  1. 自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 7 単T

  2. 天のソドムと地のゴモラ 4 単T

  3. 全体の悟り 13 単T

  4. 平等即差別 単T

  5. 原文 35 単T

  6. 法の編纂 単T

  7. 「神の法」と「偉大性」 単T

  8. 悟りと反省 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930 

アーカイブ

PICK UP

  1. Truth

    自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 21
  2. Creator's Report

    信仰の基本的奥義
  3. Truth

    基本的人権の中核概念
  4. 国際

    クロス・デフォルト
  5. Creator's Report

    次世代は神の文明となる
  6. Truth

    波長同通の法則の真意
  7. Creator's Report

    勝利の方程式
  8. Truth

    原文 44
  9. 国際

    絶望化するワクチン
  10. Creator's Report

    次世代の文明の土台 1
  11. Special

    The Democratic Testament…
  12. Creator's Report

    正しき未来