本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -キリスト教編 1ー 単T

この題は様々な宗教の「教え」そのものの内容を見性しているのではなく、あくまでその「教え」を説いた者が悪や罪についてどう捉えていたのかを、生命と物質、すなわち神の心と神の体、つまり宇宙論から再見性することを目的としています。

本当の悪の原因と実体を悟っていなければ、その善や法がどんなにすばらしい法であっても有限化してしまうからです。

神の善が無限なのは首肯せらるるでしょうけれども、実は神の目から見た悪を悟らなければ、そのすばらしい善も真に無限とはならないのです。

関連記事

  1. 全体の悟り 3 単T

  2. 神の寛容性 単T

  3. 世界の腐敗 2 単T

  4. 神の存在、その5つの定義 単T

  5. アダムとイヴ 単T

  6. 三千世界即我 単T

  7. 禁断の知恵の木の実 1 単T

  8. 人類の住所 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

アーカイブ

PICK UP

  1. Creator's Report

    神の心とは、人類の本音である
  2. Truth

    不動の動者の霊実在界
  3. 国際

    拡大を続けるBRICS
  4. Creator's Report

    自力と他力の考察
  5. Truth

    エリュシオン 21
  6. Creator's Report

    「悟り」とは進化の道
  7. Truth

    エリュシオン 20
  8. 国内

    北朝鮮の関与
  9. Creator's Report

    悟り一元論の世界
  10. Truth

    エリュシオン 19
  11. Creator's Report

    救世の4原理 90
  12. Truth

    神の山