単体 T

本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -キリスト教編 1ー 単T

この題は様々な宗教の「教え」そのものの内容を見性しているのではなく、あくまでその「教え」を説いた者が悪や罪についてどう捉えていたのかを、生命と物質、すなわち神の心と神の体、つまり宇宙論から再見性することを目的としています。

本当の悪の原因と実体を悟っていなければ、その善や法がどんなにすばらしい法であっても有限化してしまうからです。

神の善が無限なのは首肯せらるるでしょうけれども、実は神の目から見た悪を悟らなければ、そのすばらしい善も真に無限とはならないのです。

関連記事

  1. エリュシオン 30 単T

  2. 総括 18 単T

  3. 愛国心 単T

  4. 創造経済 1 単T

  5. 永遠の目的 単T

  6. 自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 4 単T

  7. 本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -神道編 1ー 単T

  8. 神の存在とは「永遠の希望」 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    救世の4原理 144
  2. 単体 C

    救世の4原理 144 単C
  3. Truth

    総括 30
  4. 単体 T

    総括 30 単T
  5. Creator's Report

    救世の4原理 143
  6. 単体 C

    救世の4原理 143 単C
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.07.9

    地球の寿命
  1. 2024.07.9

    地球の寿命