本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -キリスト教編 3ー 単T

キリスト教の埃と塵の4点目は、「何ぴともただイエスを通してのみ救われる」という教えです。

二千年前の当時の衆生相手に、あくまでイエスが高い悟りを有していることを条件とし、また大前提とするならば、ある程度それも「是」としてもいいですけれども、さすがに現代では、やはりこれはまずい教えとなっております。

方便となっているからです。

何度も言いますけれども、方便とは有限の善、物質に比喩した善、利益に比喩した善、自我に比喩した善ですので、どうしても「矛盾」から逃れられなくなるのです。

関連記事

  1. 天のソドムと地のゴモラ 3 単T

  2. 神の存在 6 単T

  3. 憑依の原理 3 単T

  4. 神の呼吸のみ実在 単T

  5. 地球ユートピアとは、宇宙即我の文明 単T

  6. 神即我、神即人類 単T

  7. 救世運動の再開について 単T

  8. 原文 8 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728 

アーカイブ

PICK UP

  1. 国際

    詰んだ日銀
  2. Creator's Report

    回想 15
  3. 単体 C

    回想 15 単C
  4. Truth

    エリュシオン 45
  5. 単体 T

    エリュシオン 45 単T
  6. Creator's Report

    回想 14
  7. 単体 C

    回想 14 単C
  8. Truth

    エリュシオン 44
  9. 単体 T

    エリュシオン 44 単T
  10. Truth

    エリュシオン 43
  11. 単体 T

    エリュシオン 43 単T
  12. Creator's Report

    回想 13