本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -キリスト教編 3ー 単T

キリスト教の埃と塵の4点目は、「何ぴともただイエスを通してのみ救われる」という教えです。

二千年前の当時の衆生相手に、あくまでイエスが高い悟りを有していることを条件とし、また大前提とするならば、ある程度それも「是」としてもいいですけれども、さすがに現代では、やはりこれはまずい教えとなっております。

方便となっているからです。

何度も言いますけれども、方便とは有限の善、物質に比喩した善、利益に比喩した善、自我に比喩した善ですので、どうしても「矛盾」から逃れられなくなるのです。

関連記事

  1. 覆われているものであらわれてこないものはない 単T

  2. GLAと幸福の科学 21 単T

  3. 原文 27 単T

  4. 天のソドムと地のゴモラ 3 単T

  5. 神の呼吸のみ実在 単T

  6. 本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -GLA編 2ー 単T

  7. 三位一体(トリニティ) 単T

  8. 原文 22 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

アーカイブ

PICK UP

  1. Creator's Report

    神の心とは、人類の本音である
  2. Truth

    不動の動者の霊実在界
  3. 国際

    拡大を続けるBRICS
  4. Creator's Report

    自力と他力の考察
  5. Truth

    エリュシオン 21
  6. Creator's Report

    「悟り」とは進化の道
  7. Truth

    エリュシオン 20
  8. 国内

    北朝鮮の関与
  9. Creator's Report

    悟り一元論の世界
  10. Truth

    エリュシオン 19
  11. Creator's Report

    救世の4原理 90
  12. Truth

    神の山