本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -キリスト教編 3ー 単T

キリスト教の埃と塵の4点目は、「何ぴともただイエスを通してのみ救われる」という教えです。

二千年前の当時の衆生相手に、あくまでイエスが高い悟りを有していることを条件とし、また大前提とするならば、ある程度それも「是」としてもいいですけれども、さすがに現代では、やはりこれはまずい教えとなっております。

方便となっているからです。

何度も言いますけれども、方便とは有限の善、物質に比喩した善、利益に比喩した善、自我に比喩した善ですので、どうしても「矛盾」から逃れられなくなるのです。

関連記事

  1. 神と獣 単T

  2. 傲慢は常に没落の寸前に現れる 単T

  3. 原文 18 単T

  4. 宗教の正邪を分ける7つの公理 4 単T

  5. 原文 38 単T

  6. 繁栄と希望の神・ゼウス 単T

  7. 菩薩の悟り 4 単T

  8. 救済の本義 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930 

アーカイブ

PICK UP

  1. 国際

    危険そうなワクチン
  2. Creator's Report

    救世の4原理 44
  3. Truth

    自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 14
  4. Creator's Report

    救世の4原理 43
  5. Truth

    原文 40
  6. 国際

    ロシア独自の変異株 急拡大
  7. Creator's Report

    救世の4原理 42
  8. Special

    The law of horizon Ⅲ
  9. Creator's Report

    縦の中道と横の中道
  10. Truth

    自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 13
  11. 国際

    サイクル25
  12. Creator's Report

    愚かな生き神信仰