本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -キリスト教編 3ー 単T

キリスト教の埃と塵の4点目は、「何ぴともただイエスを通してのみ救われる」という教えです。

二千年前の当時の衆生相手に、あくまでイエスが高い悟りを有していることを条件とし、また大前提とするならば、ある程度それも「是」としてもいいですけれども、さすがに現代では、やはりこれはまずい教えとなっております。

方便となっているからです。

何度も言いますけれども、方便とは有限の善、物質に比喩した善、利益に比喩した善、自我に比喩した善ですので、どうしても「矛盾」から逃れられなくなるのです。

関連記事

  1. 本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -GLA編 5ー 単T

  2. 汝自身を知れ 単T

  3. 神の聖なる支配 単T

  4. 原文 24 単T

  5. GLAと幸福の科学 44 単T

  6. 憑依の原理 5 単T

  7. 全体の悟り 13 単T

  8. 拝み屋の末路は哀れ 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930 

アーカイブ

PICK UP

  1. Truth

    自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 21
  2. Creator's Report

    信仰の基本的奥義
  3. Truth

    基本的人権の中核概念
  4. 国際

    クロス・デフォルト
  5. Creator's Report

    次世代は神の文明となる
  6. Truth

    波長同通の法則の真意
  7. Creator's Report

    勝利の方程式
  8. Truth

    原文 44
  9. 国際

    絶望化するワクチン
  10. Creator's Report

    次世代の文明の土台 1
  11. Special

    The Democratic Testament…
  12. Creator's Report

    正しき未来