本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -キリスト教編 7ー 単T

かつてレフ・トルストイは、「愛は惜しみなく与う」と言いました。

何を与えるのかが問題ですが、利益を与えても人は喜ぶものです。

人が欲し、喜ぶがゆえに利益の与えあいをしていけば、地獄界がこの世に創造されます。

利益は相対的なものであり、目的とすれば悪になるからです。

関連記事

  1. 仏国土顕現とは、天地一体の悟りに在り 単T

  2. 地球ユートピアの土台 単T

  3. 霊界の可視化による地上天国 3 単T

  4. 愛国心 単T

  5. 神理の基本 3 単T

  6. イージスの盾 単T

  7. 救世の法、その概略 単T

  8. 天のソドムと地のゴモラ 3 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

アーカイブ

PICK UP

  1. Creator's Report

    神の心とは、人類の本音である
  2. Truth

    不動の動者の霊実在界
  3. 国際

    拡大を続けるBRICS
  4. Creator's Report

    自力と他力の考察
  5. Truth

    エリュシオン 21
  6. Creator's Report

    「悟り」とは進化の道
  7. Truth

    エリュシオン 20
  8. 国内

    北朝鮮の関与
  9. Creator's Report

    悟り一元論の世界
  10. Truth

    エリュシオン 19
  11. Creator's Report

    救世の4原理 90
  12. Truth

    神の山