単体 T

本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -キリスト教編 7ー 単T

かつてレフ・トルストイは、「愛は惜しみなく与う」と言いました。

何を与えるのかが問題ですが、利益を与えても人は喜ぶものです。

人が欲し、喜ぶがゆえに利益の与えあいをしていけば、地獄界がこの世に創造されます。

利益は相対的なものであり、目的とすれば悪になるからです。

関連記事

  1. 神約民主論国家の実現 16 単T

  2. 幸福を科学する 1 単T

  3. 憑依の原理 2 単T

  4. 原文 9 単T

  5. 神約民主論国家の実現 13 単T

  6. 繁栄と希望の神・ゼウス 単T

  7. 原文 48 単T

  8. 向日葵の法 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 

アーカイブ

最近の記事

  1. 国際

    イラン VS イスラエル
  2. Creator's Report

    宇宙即我の歴史
  3. 単体 C

    宇宙即我の歴史 単C
  4. Truth

    戒律 13
  5. 単体 T

    戒律 13 単T
  6. Creator's Report

    永遠の復活
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.04.13

    戒律 13
  2. 2024.04.13

    戒律 13 単T
  1. 2024.04.13

    戒律 13
  2. 2024.04.13

    戒律 13 単T