本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -キリスト教編 10ー 単T

本物の神理は本物の悪を語れるが、偽物の神理、ないしは方便の神理は、偽物の悪しか語れない。

偽物の神理とは、自我から出た善であり、自我から出ているがゆえに神の心ではなく、神の体(物質)の方面に支配され、物質の属性をもった善悪を語ることになる。

物質の属性のひとつは「結果主義」です。

物質宇宙は神の表現結果であり、物質は「結果」を意味しています。

生命が原因、物質が結果、神の心が原因、神の体が結果です。

関連記事

  1. 原文 35 単T

  2. 裁きと許し 2 単T

  3. ハルマゲドン 単T

  4. 創造的破壊 単T

  5. 霊界の可視化による地上天国 1 単T

  6. 偶像崇拝とは何か 2 単T

  7. 宗教の正邪を分ける7つの公理 3 単T

  8. 原文 27 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

PICK UP

  1. Truth

    メビウスの環
  2. Creator's Report

    救世の4原理 53
  3. Truth

    信仰の原点
  4. 国際

    忍び寄るスタグフレーション
  5. Creator's Report

    救世の4原理 52
  6. Truth

    仏の慈悲
  7. Creator's Report

    救世の4原理 51
  8. Truth

    良心の覚醒
  9. 国際

    バランスシート不況
  10. Creator's Report

    救世運動の失敗と混乱
  11. Truth

    実在の世界観
  12. Special

    Multidimensional World Ⅱ…