単体 T

本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -キリスト教編 11ー 単T

キリスト教編は去年中に終わらせるつもりだったのですが、この記事で最後です。

キリスト教は根が深く、実はある意味世界を腐敗させてきた宗教ですのでその根源の理由を理解しなければ、真の仏国土は造れません。

なぜ20億人も伝道して世界は腐敗したのか?

これが分からないということですね。

関連記事

  1. 偶像崇拝の意味 単T

  2. 宇宙と人類は不離一体 単T

  3. エリュシオン 53 単T

  4. 自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 20 単T

  5. 全体の悟り 2 単T

  6. 「信仰の義務」への昇華 単T

  7. 全体の悟り 15 単T

  8. 絶対無の経済学 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T