単体 T

本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -神道編 2ー 単T

神道の2大系統の教えの1つは光一元思想です。

これは主に生長の家で説かれてきた真理ですが、ニューソートの流れを取り込み、光明思想を中心に人類光明化運動としてあらわれました。

エマソンの言葉を借りて言えば、「下をうつむいて、常に道路に落ちている財布を探して回るような生き方をする者は愚か者である。」に集約されます。

不幸や苦悩、悲劇や悪と言ったマイナス面ばかりを見る人間にだけはなるな。

関連記事

  1. 仏陀の法の修正 3 単T

  2. 傲慢は常に没落の寸前に現れる 単T

  3. 神と獣 単T

  4. 霊格を超えたるもの 単T

  5. エリュシオン 6 単T

  6. 偶像崇拝 2 単T

  7. 自力信仰と他力信仰 単T

  8. 大いなるバビロン 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の必然性、その概要
  2. 単体 C

    信仰の必然性、その概要 単C
  3. Truth

    総括 24
  4. 単体 T

    総括 24 単T
  5. 国際

    トランスサタニアン
  6. Creator's Report

    「救世の法」の土台における「連関と統一」
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T
  1. 2024.06.12

    総括 24 単T