本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -神道編 3ー 単T

宗教では、いわゆる「御本尊」なるものがあります。

これは宗教的に無知な官僚か政治家か知りませんけれども、机上で作った作文があり、これを設定しないと宗教法人格を付与しないという法律になっています。

御本尊とは、宗教的に言えば「神」そのもののことであろうし、人間生命の本質そのものです。

人間生命の本質とは、大宇宙の心そのものですから、例えばGLAでは「大宇宙、大神霊、仏」だったはずです。

関連記事

  1. 霊格と過去世 単T

  2. 神理の基本 1 単T

  3. GLAと幸福の科学 32 単T

  4. 宗教の正邪を分ける7つの公理 7 単T

  5. 生き神信仰の弊害 単T

  6. 原文 7 単T

  7. 原文 3 単T

  8. 今年の反省点 2 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

PICK UP

  1. Creator's Report

    救世の4原理 53
  2. Truth

    信仰の原点
  3. 国際

    忍び寄るスタグフレーション
  4. Creator's Report

    救世の4原理 52
  5. Truth

    仏の慈悲
  6. Creator's Report

    救世の4原理 51
  7. Truth

    良心の覚醒
  8. 国際

    バランスシート不況
  9. Creator's Report

    救世運動の失敗と混乱
  10. Truth

    実在の世界観
  11. Special

    Multidimensional World Ⅱ…
  12. Truth

    原文 45