単体 T

本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -GLA編 3ー 単T

神の体を拝むことを「偶像崇拝」と言い、神の心を拝むことを「信仰」と言います。

インドのカースト制度は、あの世の結果(物質)のみを降ろしているがゆえに間違っているのです。

結果ですから、もちろん原因があるわけです。

原因とは、あの世では神の善が明確に分かるということです。

神の善が明確に分かるが故に、正当に生命を善から評価できる。

関連記事

  1. 神人合一の悟りに地獄なし 単T

  2. アンタッチャブル 5 単T

  3. GLAと幸福の科学 参考資料 単T

  4. 自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 21 単T

  5. イージスの盾 単T

  6. 神の存在とは「永遠の希望」 単T

  7. 信仰の本質は、神の善悪にあり 単T

  8. エリュシオン 28 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 

アーカイブ

最近の記事

  1. 国際

    イラン VS イスラエル
  2. Creator's Report

    宇宙即我の歴史
  3. 単体 C

    宇宙即我の歴史 単C
  4. Truth

    戒律 13
  5. 単体 T

    戒律 13 単T
  6. Creator's Report

    永遠の復活
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.04.13

    戒律 13
  2. 2024.04.13

    戒律 13 単T
  1. 2024.04.13

    戒律 13
  2. 2024.04.13

    戒律 13 単T