本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -GLA編 3ー 単T

神の体を拝むことを「偶像崇拝」と言い、神の心を拝むことを「信仰」と言います。

インドのカースト制度は、あの世の結果(物質)のみを降ろしているがゆえに間違っているのです。

結果ですから、もちろん原因があるわけです。

原因とは、あの世では神の善が明確に分かるということです。

神の善が明確に分かるが故に、正当に生命を善から評価できる。

関連記事

  1. 宗教改革の必要性 単T

  2. 神理の基本 2 単T

  3. 霊界の可視化による地上天国 2 単T

  4. エリュシオン 31 単T

  5. イエスの再臨 2 単T

  6. 神の存在とは「永遠の希望」 単T

  7. 愛国心 単T

  8. 自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 15 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2023年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

アーカイブ

PICK UP

  1. Creator's Report

    回想 30
  2. 単体 C

    回想 30 単C
  3. Truth

    「転落」と「退転」とは
  4. 単体 T

    「転落」と「退転」とは 単T
  5. Creator's Report

    救世の4原理 123
  6. 単体 C

    救世の4原理 123 単C
  7. Truth

    如来の法
  8. 単体 T

    如来の法 単T
  9. 経済

    暗雲
  10. Creator's Report

    回想 29
  11. 単体 C

    回想 29 単C
  12. Truth

    神の統一力