朴槿恵大統領 逮捕

朴槿恵元大統領が本日、逮捕されました。

憲法裁判所において韓国史上初めての大統領の「罷免」判断でしたが、不訴追特権を失った朴槿恵元大統領の逮捕は時間の問題と言われていました。

朴槿恵前大統領を逮捕、拘置所に収容 韓国検察 産経

韓国の検察は31日未明、朴槿恵(パク・クネ)前大統領(65)を収賄容疑などで逮捕し、ソウル拘置所に収容した。

サムスンの経営トップである李在鎔(イ・ジェヨン)被告は既に起訴済みで、朴容疑者の起訴は避けられない情勢だ。

サムスンの事実上のトップが逮捕された時点で朴元大統領の逮捕は避けることができなかった。

しかし凄い国ですね。

政治と経済のトップが共に逮捕されています。

日本とは大違いというかあり得ない。

上級国民閣下を逮捕などは東電を見ても、東芝を見ても、政府を見てもないわけです。

韓国では関係なく不正を働いた者を逮捕しています。

朴槿恵元大統領は、政治の世界で「」と呼ばれていたそうです。

日本で言えば「お嬢様」でしょうか。

育ちがいいのでしょうね。

その「お姫様」が拘置所でどのような生活をするか韓国の中央日報が報じています。

<朴前大統領逮捕>拘置所ではどんな生活をすることになるか 中央日報

朴槿恵(パク・クネ)前大統領が過ごすことになるソウル拘置所には、現在、崔順実(チェ・スンシル)被告や金淇春(キム・ギチュン)前青瓦台(チョンワデ、大統領府)秘書室長など「国政壟断疑惑事件」の主な容疑者が収監されている。

李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長もソウル拘置所の独房で生活している。

朴前大統領が収監される独房は6.56平方メートル(1.9坪)規模の空間になる可能性が高い。

全国刑務所平均独房面積の2倍にあたる。

独房にはトイレを含めてロッカーや机、テレビなど生活に必要な最小限の家具類等が備わっている。

床には電気熱線が入った暖房パネルが敷かれていて暖かく過ごすことができる。

6.56平方メートルとは、日本で言えば大体「四畳半」の部屋です。

これでも平均の独房よりかは2倍の広さだそうです。

サムスントップもこの「四畳半」の部屋に収監されているようです。

朴前大統領はソウル拘置所で過ごす間、他の服役者と同じように午前6時に起きて午後8時に寝る。

日曜日を除き、一日45分の運動時間が与えられる。

拘置所内の食事はご飯や汁物のほか4種類のおかずで構成される。

収監後初の食事となる31日朝食メニューは食パン・ケチャップ・チーズなどだ。

この食事ですが、産経の記事によれば1.3ドル(145円)の食事だそうです。

米メディア「姫」の屈辱の転落を強調 7平方メートルの独房 金属の皿に乗った145円の食事 産経

米メディアは30日、女性初の韓国大統領の「転落」を強調して伝えた。

朴容疑者が、政治の世界では「姫」とみなされてきたと紹介。

このような人物が、ソウル拘置所で7平方メートル足らずの独房に入り、金属の皿で供される1・3ドル(約145円)の食事をとることになるとし、「人生の劇的な転換」だと評した。

朴容疑者にとって「屈辱的な転落」になったと報じた。

育ちが良ければ良いほど、独房生活はつらいでしょうね。

逮捕前から、かなり庶民感覚とずれている人に見えましたが、お姫様ですからね。

お姫様生活の終わりということでしょうか。

トレードマークとなっていた「アップヘア」もできないようです。

これまで公式席上で定番だった「アップヘア」は拘置所ではできなくなる。

拘置所にも美容師はいるがカットだけが可能で、それ以外のスタイリングはできない。

また、規定上、拘置所内に鉄製のヘアピンを持ち込むこともできない。

朴前大統領のアップヘアは数十本以上のヘアピンが使われているという。

起訴され今度、法廷に出廷した時は今の髪型ではなさそうです。

韓国大統領選挙は5月9日であり、投票時間は朝6時から午後8時までであり、即日開票されます。

公職選挙法改正案の通過によって、今回の韓国大統領選挙から在日韓国人の投票権が認められました。

もちろん日本だけではなく在外国民200万人以上が投票を認められます。

韓国大統領選の日程はこれですが、これは随時更新されていくようです。

第19代・韓国大統領選挙の日程

やはり首位は「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)氏であり、2位に急速に支持を伸ばしている「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)氏が追っています。

現時点ではこの二人の対決の可能性が高いようです。

[韓国大統領選D-39]「国民の党」予備選で安哲秀氏が四連勝(3月31日) 韓国大統領選2017

REALMETER社が3月30日に発表した大統領候補支持率の結果。
上から文在寅、安哲秀、安熙正、李在明、洪準杓、金鎭台(敬称略)となっている。

灰色の棒線グラフは先週の支持率です。

安哲秀(アン・チョルス)氏と2人を除いて先週よりもみな支持率が下がっています。

政党別支持率はこれです。

同じくREALMETER社が3月30日に発表した政党支持率の結果。
左から「共に民主党」、「国民の党」、「自由韓国党」、「正義党」、「正しい政党」順。

現時点では文在寅(ムン・ジェイン)氏が優勢のようですが、後40日ありますので蓋を開いてみないと分かりません。

どうなるでしょうか?

関連記事

  1. 停電

  2. 世界経済を崩壊させる米朝開戦

  3. ブレグジット・ボックス

  4. アメリカ大統領選挙 4

  5. 米労働市場情勢指数(LMCI)

  6. ヘル・ウィーク(地獄の週)

  7. 文在寅候補 優勢

  8. 逆オイル・ショックの現実味

コメント

    • g
    • 2019年 5月 11日

    Great post however , I was wondering if you could write a litte more on this topic?
    I’d be very thankful if you could elaborate a little bit further.
    Bless you!

  1. Today, I went to the beach with my kids. I found a sea shell and gave it to my 4
    year old daughter and said “You can hear the ocean if you put this to your ear.” She put the shell to her ear and screamed.
    There was a hermit crab inside and it pinched her ear. She never
    wants to go back! LoL I know this is entirely off topic but I had to tell someone!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

アーカイブ

最近の記事

  1. Special

    Six amendments of Christ…
  2. 国際

    米 ホームレス予備軍 4000万人
  3. Truth

    GLAと幸福の科学 36
  4. 国際

    カルパチア号
  5. 国際

    財政の崖 オーストラリア
  6. Special

    The Fundamental Spirit b…
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2020.07.29

    生命と物質
  1. 2015.08.10

    見性の極致
  2. 2019.03.12

    獣の刻印