単体 C

次世代の文明の土台 1 単C

Report No.171

一番最初、日蓮が「悟りという名の幸福を与えるためにきた」と言っておりましたが、当時はまさかこれが高橋信次氏が説いた法の後に説かれる法の中心であった事実に気づいていた人はいませんでした。

ポスト・高橋信次時代の法の中心が「悟り」だったということです。

全ては悟りに始まって、悟りに終わる。

「悟り」とは、始めにして終わり、アルファにしてオメガです。

関連記事

  1. 汝ら幼子の如くあらねば天国の門は開かない 単C

  2. 救世の4原理 20 単C

  3. 世界の諸問題の原因と解答 Ⅰ 単C

  4. 神の繁栄法則 1 単C

  5. 光の輪廻転生 単C

  6. 戦争と平和 単C

  7. 信仰がこの世に神をあらわす 単C

  8. 救世の4原理 87 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

アーカイブ

最近の記事

  1. 真理関係

    次世代の真文明 9
  2. Creator's Report

    救世の4原理 139
  3. 単体 C

    救世の4原理 139 単C
  4. Truth

    総括 19
  5. 単体 T

    総括 19 単T
  6. Creator's Report

    救世の4原理 138
最近の記事 おすすめ記事