単体 T

死刑制度 単T

聖書は字句通り捉えてはならず、真意をくみ取るようにして読まねば誤解が増えていく書物です。

これは生前の高橋信次氏が言われていたことであり、聖書とコーランの中心霊は彼ですから、中心霊がそう言うのならばそうなのでしょう。

確かに字句通り捉えたら継ぎはぎと矛盾が多すぎます。

アメリカの福音派のように「一言一句、神の言葉」と信じれば狂信者しか生みません。

「バラムの杖」で3回打たれたロバが耐えかねて人の言葉で抗議したなどという話を鵜呑みにはできません。

関連記事

  1. 存在の愛 単T

  2. 波長同通の法則の真意 2 単T

  3. 永遠の幸福 単T

  4. エリュシオン 13 単T

  5. 原文 39 単T

  6. エリュシオン 32 単T

  7. エリュシオン 43 単T

  8. 本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -釈迦編 2ー 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    信仰の試し
  2. 単体 C

    信仰の試し 単C
  3. Truth

    永遠なる自己
  4. 単体 T

    永遠なる自己 単T
  5. Creator's Report

    信仰のメカニズムと浄化のシステム
  6. 単体 C

    信仰のメカニズムと浄化のシステム 単C
最近の記事 おすすめ記事
  1. 2024.06.19

    知の原理
  1. 2024.06.19

    知の原理