単体 C

波長同通の法則と因果の理法 単C

Report No.417

宇宙は神の心の表現体であり、神の心が「天」であり、神の体が「地」で、永遠に天地一体です。

神の心が原因であり、神の体はその結果です。

原因が「天」であり、結果が「地」で、永遠に天地一体です。

人間の方に悟り不足と未熟がありますとこの通り生きられないのです。

必ず結果の「地」を「天」に置き、原因の「天」を「地」に置くか、あるいは否定します。

悟り不足と未熟がありますと人は宇宙の通りに生きられないのです。

宇宙即我の悟りとは、宇宙の通りに生きられる人間です。

宇宙の通りに生きられないということは、そこにまだ悟り不足と未熟があるということなのです。

人が神の心を信じ、悟っていかなければならないのは、悟らなければ眼前の大宇宙、すなわち神と自己が離れ、自分自身が悪の存在になってしまうからです。

悪の存在になってしまうとは、神の造られた正しき世界を腐敗させ、悪化させる一味の一員になってしまうということです。

関連記事

  1. 救世の4原理 31 単C

  2. 救世の4原理 23 単C

  3. 他力信仰の正体 単C

  4. 神への信仰とは「紙一重」 単C

  5. 神の人類支配の方法 単C

  6. 神の心とは、人類の本音である 単C

  7. 生死の大道 単C

  8. 救世の4原理 108 単C

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

アーカイブ

最近の記事

  1. 真理関係

    次世代の真文明 9
  2. Creator's Report

    救世の4原理 139
  3. 単体 C

    救世の4原理 139 単C
  4. Truth

    総括 19
  5. 単体 T

    総括 19 単T
  6. Creator's Report

    救世の4原理 138
最近の記事 おすすめ記事