災害級の猛暑

ラオスでダムが決壊しました。

鉄砲水が、6つの村を飲み込み、6600人以上の人が家を失っています。

数百名が、行方不明になっている模様です。

ここですね。

ソース

ラオスでダム決壊 数百人が行方不明に BBC

ラオス国営通信によると、アッタプー県にある水力発電用のダムが23日夜に決壊し、鉄砲水が6つの村を襲った。

6600人以上が住居を失ったという。

決壊前には、ラオス南部で豪雨と浸水被害が起きていた。

ダムの決壊前には、豪雨と浸水被害が出ていたようですから、これも自然災害の一つと言ってもいいかもしれません。

グアテマラのフエゴ火山噴火のように、今また貧しい国を災害が襲っています。

水と火の災害が続いていますが、一昨日の7月22日にクラカタウ火山が噴火しました。

本日、7月24日12時52分、バリ島のアグン山も噴火しています。

噴煙の高さは1500メートルです。

インドネシアで続いています。

キラウエアでも昨日、7月23日にマグニチュード5.5の地震が起こっています。

M 5.5 Volcanic Eruption – 5km WSW of Volcano, Hawaii USGS

スウェーデンに次いで、今度はギリシャの観光地マティで森林火災が発生し、現時点では「74名」の死者、「160名以上」の負傷者を出す、大参事に発展してきています。

ギリシャで山火事、74人死亡=負傷者160人超、猛暑関係か 時事

ギリシャの首都アテネ近郊の沿岸部各地で23日、大規模な山火事が発生し、AFP通信によると、74人が死亡、160人以上が負傷した。

原因は不明だが、現地は40度を記録するなど猛暑が続き、熱波が影響している可能性がある。

場所はここですが、この近辺では猛暑のせいか山火事が頻発しているようです。

赤い地点が山火事の発生している場所です。

猛暑が原因でしょうね。

航空機からの撮影です。

全米の山火事も酷いことになっています。

7月23日時点で全米「14州」、「72か所」で山火事が起こっており、拡大しています。

ソース

ついに山火事が「70か所」の大台を超えました。

こういう事態になりますと死者数から見て、猛暑も災害と言っていいのではないか?

災害級の猛暑です。

日本でも災害級の猛暑で、歴代観測記録を色々と塗り替えています。

昨日は、埼玉県熊谷で「41.1度」を記録、ついに歴代最高気温である高知県四万十市の江川崎で、2013年8月12日に観測された「41.0」を超えました。

ソース

続々と記録が塗り替えられていますが、気象予報士は、今週末から猛暑が解消する見込みと言っていたわけですが、そうはならないようです。

気象庁は、「異常天候早期警戒情報」を昨日、また更新しています。

どんどん猛暑が長期化しそうな勢いです。

ソース

異常天候は、「7月28日~8月6日」だそうです。

気象庁は熱波は、8月の上旬まで続くと言っています。

ソース

熱中症搬送者数は、7月16日~7月22日の1週間で「2万2647人」となっており、2015年7月27日~8月2日の1週間「1万2064人」を1万人以上上回っています。

これには歴代最高気温を観測した昨日の23日分は入っていません。

ソース

先週から急増しています。

死者数も同じです。

熱中症情報 総務省消防庁

このPDFを見ますと「熱中症による救急搬送人員数(6月25日~7月1日速報値)」から死者が出ており、この週は死者「3名」とあります。

6月の下旬から熱中症の死者が出ているのですね。

次ぎの週である「熱中症による救急搬送人員数(7月2日~7月8日速報値)」でも死者は「3名」となっています。

ところが次の週である「熱中症による救急搬送人員数(7月9日~7月15日速報値)」では、死者は「12名」となっており、死者数が「4倍」に増えています。

ソース

ところが、これが「熱中症による救急搬送人員数(7月16日~7月22日速報値)」によりますと、死者数は「65名」と急増していることが分かります。

ソース

先々週の「5.4倍」です。

6月25日~7月1日 死者数「3名」
     ↓
7月2日~7月8日 死者数「3名」
     ↓
7月9日~7月15日 死者数「12名」
     ↓
7月16日~7月22日 死者数「65名」

6月下旬から計「83名」が熱中症で死亡しています。

気温が非常に高い年は、過去の経験則から言って死者は「1000名」を超える可能性が高い。

西日本豪雨よりも酷い災害となる。

続く猛暑、熱中症に懸念=「今まさに注意を」-死者1千人超の年も 時事

死亡届などに基づく厚生労働省の統計では、2010年の熱中症死者は1731人に上った。

(この年は)1946年以降で最も高かった。

最高気温が非常に高かった年も死者は多い。

高知県四万十市・江川崎で歴代最高の41.0度を記録した13年は1077人が死亡。

埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市で40.9度を観測した07年は904人が亡くなった。

「気温が1度高いと死者数は1.5倍に増え、高まるほど増加率は大きい」

2007年は熱中症による死者は「904人」、2010年は「1731人」、そして2013年は「1077人」と大体1000人前後の死者を出しています。

まさに災害級の猛暑です。

この異常な猛暑です。

果たして今年は、死者が「1000名」を超えるでしょうか?

だとしたら大変な災害が、進行中ということになる。

もう一つ懸念事項があります。

今週の末28日の土曜日から東京が豪雨に直撃されそうなのです。

GFSの気候モデルでは、28日に東京を豪雨が直撃して日本海に抜けていきますが、ECMWFの気候モデルでは、東京よりももう少し大阪よりに豪雨が直撃します。

28日からシークして、右下の気候モデルを選択して左下の再生ボタンをクリックして下さい。

ウィンディです。

ウィンディ

最近は豪雨になりますと、すぐに洪水となりますので豪雨にならないことを祈念しています。

ただこれも懸念事項です。

関東に豪雨が直撃しそうな7月28日には、今世紀中最も長く続く「ブラッド・ムーン」が世界各地で見られます。

「ブラッドムーン」が7月28日未明、日本でも見られる。時刻と場所は? ハフィントン・ポスト

皆既月食で夜空に浮かぶ月が赤銅色に見える幻想的な現象「ブラッドムーン」が7月27日から28日にかけて世界各地で見られる。

日本では東北以西で、28日未明に観察できる。

今回の月食は今世紀中、最も長く続くという。

関東圏や中部地方では降雨で見られないかもしれませんね。

関連記事

  1. 巨大噴火の発生確率100年で1% 神戸大が試算、壊滅的な被害予測

  2. 様々な噴火の兆候

  3. 世界リスク報告書 2018年版

  4. カリフォルニア史上第4位の森林火災に トーマス・ファイア

  5. 海洋大循環の停止

  6. 浅間山・小規模噴火

  7. 南米を襲うバッタ

  8. 第八の災い

コメント

  1. You are my intake, I own few blogs and often run out from brand :). “Analyzing humor is like dissecting a frog. Few people are interested and the frog dies of it.” by E. B. White.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

アーカイブ

最近の記事

  1. Creator's Report

    絶対性理論 7
  2. Special

    The Law of Unification o…
  3. Creator's Report

    絶対性理論 6
  4. 国際

    トランプ VS バイデン 最後の討論会
  5. Truth

    永遠
  6. 国際

    ドゥームズデイ・プレーン テイクオフ
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2020.10.22

    永遠
  2. 2020.10.21

    原文 29