生き神信仰の弊害 単T

求めよ、さらば与えられん、探せ、さらば見つからん、叩け、さらば開かれん、という言葉がある。

当初は、神の心、いわゆる真理のことを指していたと思っていたわけですが、よくよく検討しますと、抽象的なのです。

求めよ、とは何を求めるのか?

探せ、とは何を探すのか?

叩け、とは何の門を叩くのか?

一々、具体性がなく、抽象的なのです。

関連記事

  1. 全体の悟り 14 単T

  2. 本物の神理と偽物の神理を分ける公理 -キリスト教編 9ー 単T

  3. 菩薩の悟り 1 単T

  4. 宗教の正邪を分ける7つの公理 2 単T

  5. 神人合一の悟り 単T

  6. アンタッチャブル 8 単T

  7. 大家(おおや)さん 単T

  8. 原文 19 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

アーカイブ

PICK UP

  1. Creator's Report

    地獄界消滅の基本法
  2. Truth

    聖なる一線
  3. 真理関係

    宗教 Ⅲ
  4. Truth

    エリュシオン 28
  5. 国際

    世界経済 リセッション確率98%(NDR)
  6. Creator's Report

    救世の4原理 95
  7. Truth

    エリュシオン 27
  8. Creator's Report

    幸福の原理とは、実在論にある
  9. Truth

    エリュシオン 26
  10. 経済

    パンデミック終了宣言 !?
  11. Creator's Report

    「永遠」なくして救いなく、「永遠」なくして幸福な…
  12. Truth

    エリュシオン 25