生き神信仰の弊害 単T

求めよ、さらば与えられん、探せ、さらば見つからん、叩け、さらば開かれん、という言葉がある。

当初は、神の心、いわゆる真理のことを指していたと思っていたわけですが、よくよく検討しますと、抽象的なのです。

求めよ、とは何を求めるのか?

探せ、とは何を探すのか?

叩け、とは何の門を叩くのか?

一々、具体性がなく、抽象的なのです。

関連記事

  1. 神理の基本 3 単T

  2. 絶対無の経済学 単T

  3. 霊界の可視化による地上天国 3 単T

  4. 善霊は善霊に通じ、悪霊は悪霊に通じる 単T

  5. 今年の反省点 1 単T

  6. 全体の悟り 単T

  7. 三千世界の次元上昇 4 単T

  8. 大家(おおや)さん 単T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

アーカイブ

PICK UP

  1. Special

    The law of horizon Ⅰ
  2. Creator's Report

    救世の4原理 38
  3. Truth

    多次元世界の意味
  4. 国内

    スーパー南海地震
  5. Creator's Report

    救世の4原理 37
  6. Truth

    自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 7
  7. 真理関係

    大宇宙の絶対的権威
  8. 単体 T

    自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 6 単T
  9. Truth

    自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 6
  10. 国内

    ベンガル株
  11. 単体 T

    原文 37 単T
  12. 単体 T

    自を生かし、他を生かし、全てを生かせ 5 単T