白頭山の噴火

昨日の1月15日、バリ島のアグン山がまた噴火しました。

これですね。

恒常的に噴火を繰り返しているようです。

パプア・ニューギニアのカドバー島も1月5日、有史以来初めて噴火しています。

パプアニューギニア・カドバー島 噴煙1.2km 海底に溶岩ドーム出現か?1500人が避難 ハザードラボ

位置的にはここら辺です。

有史以来、正確な噴火の記録はなく、島民1500人が避難しています。

今回の噴火は、歴史上初めて噴火として記録されます。

山頂火口からだけではなく、海岸線沿いに噴煙が上がっており、海底まで広がっているのではないかといわれています。

海の底から島ごと吹き飛ばす噴火があるかもしれません。

これは空撮です。

中々、迫力があります。

フィリピンのルソン島のマヨン山も噴火です。

位置的にはここです。

1月14日にマヨン山の警戒レベルは「3」に引き上げられており、数日以内に噴火すると言われていたわけですが、予想通り噴火しました。

2010年、2013年、2014年に噴火し、少し間をあけて今年2018年の噴火となります。

動画:比マヨン山から溶岩流出、爆発的噴火の恐れで1.2万人避難 AFP

15日、噴火の恐れがあるとして警戒されていたマヨン山から溶岩が流出した。

火山学者はこれを「静かな噴火」と呼び、数日以内に危険な爆発的噴火が起きる恐れがあると警告している。

どの火山も水蒸気爆発ではなく、溶岩が流れ、黒い噴煙を噴くマグマ型の噴火ばかりです。

これは危険なのですけどね。

記事では避難者「1万2000人」とありますが、現在は「1万5000人」に増加しています。


富士山よりも美しいと言われるマヨン山ですが、この「マヨン」という言葉も地元の言葉で「美しい」という意味だそうです。

美しい山が、激しい爆発的噴火をするかもしれません。

本日1月16日もマヨン山は噴火しています。

これです。

色々と科学者が警告しているようですが、当ブログが最も警戒しているのは「白頭山」の噴火です。

この白頭山は、韓半島の人たちからすれば、最も神聖な山であり、最大の信仰の対象です。

各国には各国の霊団があり、中国には中国の霊団が、アメリカにはアメリカの霊団が、日本には日本の霊団があり、各国にあります。

この霊団の個性が、その国の個性となっているわけですが、高い霊域ではこの国境はありませんが、やや低くなりますとその国でずっと修行をしてきた人たちがおり、それなりの個性をみな持っている。

韓半島にも当然「天」があるはずであり、北朝鮮の国家存亡にかかわる昨今の問題に対して韓半島の「天」が何もしないはずはないと思っており、その霊的サインとなりそうなきっかけの問題が白頭山の噴火だと思っています。

この白頭山は10世紀に噴火し、1年間で2回噴火しています。

2000年と区切れば、世界最大の噴火を起こしており、ポンペイの都市を滅ぼしたベスビオ火山噴火の「50倍」の威力を誇っていました。

2010年に噴火したアイスランドのエイヤフィヤトラヨークトル噴火の「1000倍」の規模と言われています。

火山爆発指数(VEI)で言えば「VEI.7」であり、破局噴火です。

1815年のタンボラ火山よりもタチが悪い最悪の噴火だったといわれています。

この白頭山の噴火確率は、2019年までに「68%」、2032年までに「99%」です。

東日本大震災が影響、白頭山が20年以内に噴火する可能性は99%=韓国ネット「良いことのない人生だった」「富士山の方が先じゃない?」 レコードチャイナ

火山学者の谷口宏充東北大学名誉教授は、東日本大震災によるプレート運動の影響で、白頭山が噴火する可能性を2019年までには68%、2032年までには99%とする研究結果を、23日、学会で発表する。

この予測が正しいと来年までには噴火することになる。

遅くとも14年以内には噴火することになります。

この68%だの99%だのという数字は、確実に噴火する数字です。

中国や韓国の学者は、白頭山は2014年~2015年までに噴火すると予測していました。

これを受けてかどうか知りませんが、あの故・金正日氏も白頭山は2016年に噴火すると予測して死んでいます。

金正日「白頭山は2016年に噴火する」 中央日報

北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)委員長が、「白頭山(ペクトゥサン)が2016年ごろ噴火するだろう」と話した。

小規模な噴火で終わればいいですが、現代は世界が根本から変革される時代ですから、節目です。

過去、破局噴火を起こしている山であり、北朝鮮の国家存亡の危機の時代です。

大規模な10世紀型の破局噴火が起こっても不思議ではない。

かつてのように軽石(スコリア)の噴出から始まって、破局的なイグニンブライト噴火を起こす。

かつて巨大な国家・渤海を滅ぼしたかもしれない大噴火です。

白頭山が渤海を滅ぼしたかどうか判断できないのは、この10世紀の噴火は、正確な時期が未だ特定できていないからです。

学者の見解もそれぞれ異なります。

911年~946年という人もいれば、938年、あるいは929年~945年という人もいる。

10世紀の白頭山の噴火は、未だ正確に噴火の時期を特定できていないのです。

この方は934年と言っています。

一般的には「946年」と言われておりますが、実は正確には特定されていないのです。

だから渤海の滅亡は「926年」ですが、白頭山の噴火が、その前なのか後なのか判断できないわけです。

915年の十和田カルデラ噴火の堆積層の上に白頭山の火山灰があり、ここから白頭山の噴火は「917年」と推定している人もいます。


To-aカルデラとは、十和田カルデラの略です。

まず日本最大の十和田カルデラ噴火があり、その後に白頭山が噴火している事実はわかっています。

ここ2000年では日本の最大の噴火は、この十和田カルデラ噴火であり、世界最大の噴火は白頭山の噴火です。

しかして結局は噴火の時期はわからない。

上記の学者は、白頭山の噴火確率を2019年までに「68%」としておりますが、ソースのPDFでは100年以内に噴火する確率を「10%~20%」としている。

ただこの「10%~20%」という確率は、明日噴火する可能性もあり得るという確率だそうです。

東亜日報も書いておりますが、やはり白頭山の噴火時期はわからず、実際は渤海を滅ぼしたのかどうか定かではないようです。

要はわからないということです。

[オピニオン]白頭山の噴火と渤海の滅亡 東亜日報

この記事では噴火時期を939年としています。

ただ確率的にも現象的にも近いうちに噴火することは間違いないようであり、噴火すれば、12時間以内に日本に白頭山の火山灰が到達します。

大阪には16時間後、東京には18時間後に到達します。

「白頭山爆発なら半日で火山灰が日本へ…航空路まひ」 中央日報

実験の結果によると、冬季に爆発する白頭山の火山灰は偏西風の影響で東南側に移動することが明らかになった。

火山灰は8時間で鬱陵島(ウルルンド)・独島(ドクト、日本名・竹島)に到達し、12時間後には日本に上陸することが明らかになった。

大阪には16時間後、東京付近には18時間後に到達すると予測された。

何か韓半島を避けて、日本にのみ到達するような画像です。

前回10世紀の白頭山の噴火は東北地方に5センチの火山灰を降らせましたが、今回はどうなるかわからない。

火山灰が10センチ積もった地域では、全ライフラインが停止します。

北朝鮮にとってはアメリカよりも白頭山の噴火の方が、遥かに脅威だと思いますけどね。

白頭山の頂上にある天池(チョンジ)は、20億トンの水量を誇っています。

これが崩壊し、洪水が起こる。

20億トンといえば東京都民の年間の水使用量と同じです。

世界の穀物生産量の25億トンに近い。

白頭山の噴火が北朝鮮の弱体化を招き、南北の統一を成し遂げるかもしれません。

南北統一は、米朝戦争ではなく、「天」が起こす白頭山の噴火かもしれない。

ただ噴火の可能性が最も高い火山の一つであり、近いうちに噴火することはほぼ確実なようです。

この点、南海トラフの地震とそっくりであり、日本はこれが起これば終わりますが、北朝鮮は白頭山が噴けば終わりそうです。

以前にカスケード地震を扱いましたが、カスケード地震は1700年であり、その2年後の1702年に白頭山は噴火しています。

その翌年の1703年に東京を含めた関東全域を壊滅する元禄地震が起こっている。

そしてそれから4年後の1707年、とどめの南海トラフ地震が起こっています。

なにか連鎖しているのです。

これですとカスケード地震は、アメリカとその子分の日韓両国を終わらせる最初の地震かもしれません。

カスケード地震も南海トラフも白頭山も、起こる確率がどれもこれも異常に高い点が共通しています。

文明も終わりに向かっているのかもしれません。

関連記事

  1. 様々な噴火の兆候

  2. 大雨特別警報 ?

  3. 水の黙示録 2

  4. 台風19号・ハギビス

  5. 浅間山の危険性

  6. アグン山 噴火間近

  7. 白頭山の破局噴火 ?

  8. アメリカで最も危険な火山 ベスト10

コメント

  1. It’s really a great and useful piece of info. I am glad that you shared this useful information with us. Please keep us up to date like this. Thanks for sharing.

  2. When I originally commented I clicked the -Notify me when new comments are added- checkbox and now each time a comment is added I get four emails with the same comment. Is there any way you can remove me from that service? Thanks!

  3. Really informative and excellent complex body part of content material, now that’s user friendly (:.

  4. There are certainly a whole lot of details like that to take into consideration. That is a nice point to carry up. I provide the thoughts above as general inspiration however clearly there are questions like the one you carry up where the most important thing shall be working in honest good faith. I don?t know if greatest practices have emerged around things like that, but I’m positive that your job is clearly identified as a fair game. Both boys and girls feel the affect of just a moment’s pleasure, for the remainder of their lives.

  5. Really informative and fantastic bodily structure of content, now that’s user genial (:.

  6. I like the valuable info you provide in your articles. I will bookmark your blog and check again right here frequently. I am relatively certain I will be told many new stuff proper here! Best of luck for the next!

  7. Hey I am so excited I found your web site, I really found you by
    mistake, while I was looking on Askjeeve for something
    else, Nonetheless I am here now and would just like to say thanks for a incredible post and a all round entertaining
    blog (I also love the theme/design), I don’t have time to browse it all at the minute but I have
    saved it and also added your RSS feeds, so when I have
    time I will be back to read a great deal more, Please do keep up the great job.

  8. Great post. I was checking continuously this blog and I’m impressed!
    Very helpful info specially the final phase 🙂 I care
    for such information much. I was seeking this certain info for
    a very long time. Thanks and good luck.

  9. I have learn several excellent stuff here. Certainly price bookmarking for revisiting. I wonder how a lot effort you put to make this kind of magnificent informative site.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

アーカイブ

最近の記事

  1. Truth

    原文 25
  2. Truth

    GLAと幸福の科学 37
  3. Special

    Six amendments of Christ…
  4. 国際

    米 ホームレス予備軍 4000万人
  5. Truth

    GLAと幸福の科学 36
  6. 国際

    カルパチア号
最近の記事 SPECIAL POST
  1. 2020.08.5

    原文 25
  2. 2020.07.29

    生命と物質